資料請求

<カリキュラムのながれ>

・ 大学での学びを円滑にスタートさせるために、初年次は大学共通の教養科目・外国語科目及び学科共通の基礎的な知識や技能を習得します。
・学科の共通科目・専門科目すべてに、〈出会う〉〈深める〉〈彩る〉〈究める〉の四つの段階を示し、学生が自主的に学びを進めるための「指針」を示しています。
・この四段階は、次のようにステップアップします。
<出会う>人・社会・生活に関する知識・技能を習得し、視野を拡げるための科目
<深める>既有の知識・技能から課題を発見しさらに探究を続けていくための科目
<彩る>学内外の実習・実験などを通して、創造・体験・連携を重視した科目
<究める>各専門領域の深まりを基盤とした学修の総合的成果としての科目
 

<!--$alt-->

人間生活学科 カリキュラムデザイン

【人間生活学科 カリキュラムデザイン】
 
・専修への配属は、学科共通科目の学びを参考に2年次に選択します。



<各専修における専門教育>

「プロジェクトマネジメント専修」
・本専修では、さまざまな価値観をもつ人たちと協働しながら、自分の将来の夢を実現できる力を身につけることを目指します。そのために「自らの学びと経験をつなぎ、表現できる力」、「多様な価値観をもつ他者と協働してプロジェクトを企画・運営できる力」を習得します。
・1〜3年次に①自らの考えを論理的に整理し表現する力を習得する「学びの技法科目」、②他者と協働して新たな考えを創出する力を習得する「ワークショップデザイン科目」、③社会の課題を発見する力を習得する「ソーシャルプロジェクト科目」を配置します。
・①〜③を通して得た知識や技能を学外実践活動で活用する「プロジェクトマネジメント科目」を2〜4年次に継続的に配置し、経験を深めていきます。

プロジェクトマネジメント専修 カリキュラムデザイン

【プロジェクトマネジメント専修 カリキュラムデザイン】
 

カリキュラムの特徴(プロジェクトマネジメント専修)

<!--$alt-->

 プロジェクトマネジメントとは、独自な課題を発見し、それを他者と協働しながら完成に導くプロセスです。皆さんの能動的な関わりがなければプロジェクトは挫折します。そのため、プロジェクトマネジメント専修の開設科目は、すべて、スタジオワーク、ワークショップ、フィールドワーク、インターンシップ、プレゼンテーションといったアクティブラーニングの要素を取り入れています。
 プロジェクトの完成のために、もう一つ欠かせないのがリーダーシップです。そのため、女性のリーダーシップに関する科目も用意しています。
 また、本専修の学びを通して社会調査士の資格を取得する道も用意しています。

 
「社会福祉専修」
・本専修では、“自分自身“を活用し、社会福祉の専門性を基盤として、他者に寄り添い、自己実現を支援するソーシャルワーカーの育成を目指します。そのために、社会福祉に関するサービス・制度や専門的な方法について、実践的に学びます。
・初年次(学科共通)に、ソーシャルワーカーを目指すための関心・意欲を高めるための「入門・概論科目」を配置します。
・専門科目群には「各論科目」及び「応用・発展科目」を配置し、利用者及び制度・サービス、地域社会のしくみについて、理解の深化を目指します。
・段階的履修をとおしてソーシャルワーカーに必要な専門的知識、高度な相談援助技術・能力の体得のために3年間にわたる実習・演習の螺旋的なアクティブラーニング科目を配置します。

社会福祉専修 カリキュラムデザイン

【社会福祉専修 カリキュラムデザイン】

 
カリキュラムの特徴(社会福祉専修)
 
手塩にかけて学生を育てる

<!--$alt-->
<!--$alt-->

 この「手塩にかける」というスタンスは、本専修のソーシャルワーク(SW)実習教育の根幹です。SW実習(180時間)は、実習生、実習担当教員、実習先のスーパーバイザー(実習指導者)の三者で取り組みます。
 本専修において、特に重視しているのが、「実習スーパービジョン(SV)」です。 この「実習SV」は、厚生労働省の指導により、学生一人当たり1回1時間を目安に行うものとされています。本専修では、専任教員が必ず週1回実習先を訪問し、実習SVを行います。何故なら、社会福祉士に求められる専門性(価値・知識・技術)を効果的に体得するため、「臨床(実践)場面における“ファシリテーション”」を大切に考えているからです。時に、一人の学生に対し、2時間半以上実習SVを行うこともあります。学生が新たな「気づき」を意識できるまで、「とことん掘り下げる」ことを大切にしています。

<!--$alt-->

 更に、社会福祉士には、福祉、医療、保健、介護、教育など、幅広い専門職とネットワークを組み、問題解決に取り組む高度な専門性が求められます。そのために、本専修では「SW実習」の段階的積み重ね(3段階:270時間)を重視しています。事前学習・事後学習の連動性を活かして、より高いレベルの知識と実践を結び付けることを可能とする独自のカリキュラムを展開します。

 

「現代家政専修」
・本専修では、自らと社会の生活の質の向上に貢献できる実践的力の育成を目指します。
・1年次に,人間の生涯発達における衣・食・住生活,生活経営・家族に関する基礎的知識の修得を目的とした科目(学科共通,専門基礎)を配置します。
・2・3年次には,家政学の専門的知識を深めることを目的とした講義科目と演習・実習科目を配置します。
・3・4年次には,家政学の各専門領域の内容を総合的に捉え,多角的な視点から生活課題を解決する能力を培うことを目的とした科目(総合)を配置します。

現代家政専修 カリキュラムデザイン

【現代家政専修 カリキュラムデザイン】

 
 カリキュラムの特徴(現代家政専修)
 
 家政学の専門知識を深めるために,被服,食物,住居,家庭経営にかかわる内容を歴史・文化的な背景や自然科学的な視点を取り入れて多角的に学びます。
 また得られた知識を具現化するために,実習,実験,演習,プレゼンテーション科目を多く配置し,実践的能力と課題解決能力を身に付けます。
 
さらに各分野の教員が共同で行うティームティーチングの科目を配置し,家政学の幅広い知見を総合的に捉えていきます。
 

【住居デザイン演習Ⅱ】
 

【住居デザイン演習Ⅱ】


【被服学実験】                    【食物学実験】

<!--$alt-->
<!--$alt-->



<教養・外国語教育>
・1年次に全学的な幅広い教養科目を履修することにより、多角的な視点の修得を目指します。
・海外の多様な価値観を理解・尊重する教育活動の一環として、外国語教育科目を主として1・2年次に配置して、個々の関心に応じた柔軟な履修体制としています。

<キャリア教育>
・学科の学びと卒業後のキャリア形成との関わりを認識するための内容を学科科目全般に取り入れています。
・社会で活躍した方々からキャリア形成を具体的に学ぶ選択科目を2年次に開設しています。

<学習の方法と評価>
・学生の多面的な知識・技能の理解度や達成度の評価方法について、明確な評価基準を設定し、学生自身に確認しつつ的確に行います。

<!--$alt-->

Page TOP