藤女子大学人間生活学部 Hanakawa Story サキ
人間生活学科 自分に自信が持てず、未来が見えずにいるサキ、夢に向かって走るノゾミ、自分の好きに向かうノゾミ、仲間に支えられ切磋琢磨しながら成長していく3人のストーリー

サキ

Hanakawa Story は
このままスクロールでご覧になれます

マイ

右上のメニューから
他学科のストーリーがご覧になれます

エリナ

受験生の方はメニュー下の
「資料説明」アイコンをクリックしてください

エミ

高校1~2年生の方はメニュー下の
「オープンキャンパス」アイコンをクリックしてください

高校3年生

ノゾミ

久しぶりー!

サキ

久しぶりー!元気?

エミ

中学卒業してから
なかなか遊べなかったもんねー

サキ

別々の高校だとなかなかねー

ノゾミ

でも、部活も落ち着いて
乗り切った、やり切ったって感じ!

エミ

ノゾミはバドミントン部のエースだったもんね
全道に行くなんてすごいよねー

サキ

ホントにすごい
帰宅部のわたしからすると ヒーローだわ

ノゾミ

そんなことないよー
好きなことしてるだけ!

ノゾミ

これからは受験に集中!
ソーシャルワーカー目指して頑張るんだ!

サキ

ソーシャルワーカー?

ノゾミ

そう、ソーシャルワーカー

ノゾミ

ほら、うちの母親 去年倒れたじゃない?
母親の病気もそうだし、家のことや弟のこと
なんか色々つらく感じることも多くてさー

ノゾミ

部活辞めようかな、って時もあったの

エミ

え!?そうなの!?

サキ

ノゾミ

かなりヤバかったよね~
今は落ち着いたけど
なんか何もかも嫌になっちゃう感じでさ

サキ

ノゾミ…

ノゾミ

で、その時に助けてくれたのが
病院のソーシャルワーカーのカレンさんて人だったの

ノゾミ

誰にも相談するつもりもなかったけど
カレンさんが色々と声を掛けてきてくれて

ノゾミ

自然となんでも相談してる自分がいたのね

ノゾミ

カレンさんが「部活だけは頑張ってやり切ろう!」って
言ってくれたから続けられた気もするし

エミ

全道だもんね
そんな状況だったのにすごいね

ノゾミ

全道はたまたまよ 笑
でも結果はともかく、最後まで部活できて良かったな

エミ

そっか
それでソーシャルワーカーになろうと思ったんだ

ノゾミ

そうね、それからよくカレンさんと話すようになって

ノゾミ

わたし自身の相談以外にも
MSW 医療ソーシャルワーカーっていうんだけど
MSWの仕事を色々聞くのが楽しくなっててさ

ノゾミ

私もなりたいなー、なんてね

サキ

ノゾミ、すごーい

エミ

ホントだねー、さすがノゾミ!
正義の味方っぽいもんね!

ノゾミ

こらこら 笑

エミ

私も趣味の料理とか裁縫を活かしたいな~って
家庭科の先生とか考えてる

エミ

だから、家庭科の教員免許とれる
藤女子大を受験しようと思って

ノゾミ

え?一緒じゃん!
私も藤女子が第一希望だよ

エミ

ホントにー!?

サキ

(2人ともすごい…)

サキ

(わたし、やりたいこともないのに…)

ノゾミ

わー、大学でも一緒に遊べそうだねー!
嬉しいなー!

ノゾミ

サキは?どこ受験するの?

サキ

え?わたし?

エミ

この流れだと
サキも藤女子だったりして!

サキ

う、うん…

サキ

藤女子も考えてる

ノゾミ

えーすごい!

エミ

みんな同じ大学ってすごくなーい!?

サキ

ね、すごいね…

サキ

(先生に藤女子薦められてるし…いいよね…)

ノゾミ

こんな盛り上がってさー
もしものことがないように
ちゃんと勉強しなくちゃだめよ!

エミ

ノゾミが一番不安 笑

サキ

たしかに 笑

ノゾミ

うるさーーーーい

2人ともすごい…
将来のこと しっかり考えてるんだ

わたしも2人みたいになれるかな
目的もなく進学していいのかな

本当にやりたいこと
見つけられるかな

藤女子大学 合格

藤女子大学1年生

エミ

はーい!サキ!
大学生活どんな感じ?

サキ

この1カ月
初めてのことばっかりでオロオロしてる 笑

サキ

大学って、高校生の時とは自由さが全然違うね

エミ

ホントね
講義は大変だけどこれぞ充実って感じ

エミ

自分で考える授業が多くて大変だけどね。

エミ

論理的思考法の授業で
『少子高齢化社会は日本社会にとって損か得か

エミ

自分の意見をまとめよう』とか
なんじゃそりゃーって思ったよ

サキ

でも私
あの授業きっかけでニュースとか気にして見るようになった 笑

エミ

私も 笑

サキ

ワークショップで
1枚の写真からニュース記事を想像で書くやつ

サキ

エミのグループの発表すごい良かったよね
ちょっと感動したもん

エミ

「笑顔…だけど悲しい心」でしょ

エミ

なんか笑ってるのに
不安そうな顔した子供達の写真だったんだよね

エミ

ところでサキはサークルは?
何か入るの?

サキ

旅行サークルって面白そうだなって思うけど
北大と一緒だから、知らない人多くてちょっと怖いんだよね

エミ

もう そんなこと言ってる間に卒業しちゃうよ

エミ

ノゾミは北大と合同のヨサコイサークル入ったって

サキ

うわ、積極的
ノゾミらしいね

サキ

エミは?
どこかサークル入るの?

エミ

んーん、入る予定なし
でも家庭教師のアルバイトすることにしたんだ

サキ

え~ エミが家庭教師!?
似合わな~い 笑

エミ

なによ、それ 笑

エミ

なんかさ、「人に何かを教える」ってことの
勉強になるかなって

サキ

そっか
家庭科の先生になりたいんだもんね

エミ

まーね

エミ

ほら「対人コミュニケーション」って科目あるじゃない?
あれがすごく面白くて

エミ

相手とか状況を考えた柔軟な対応を考えるようになって
学校以外の場所でも実践したいなーって

エミ

わたしは2年生で現代家政専修を選んで
衣食住や家族とかいっぱい学びたいからさ

エミ

身の回りことを確かめたり発見するには
ドンドン調べて挑戦しなきゃ

サキ

(エミのやる気ってホントすごいな)

サキ

(わたしもコミュニケーションが上手くなりたいな)

エミ

サキは2年生の専修選択どーするの?

サキ

まだ入って1ヵ月だよ
決まってないって 笑

サキ

でも
プロジェクトマネジメント専修は面白そうだなーって思ってる

サキ

プロジェクトをみんなで形にするのって面白そうだなって
社会人になってからも役に立ちそうだし

エミ

おー サキも積極的になってきたね

エミ

確かに社会に出てから必要なスキル
身に付きそうだよね

サキ

うん
自分でやらなきゃいけないこと沢山あって大変そうだけどね

エミ

ノゾミはソーシャルワーカー志望だから社会福祉専修でしょ
そうなると みんなバラバラになっちゃうね

エミ

さよなら!
サキ!

サキ

だから、まだ決まってないって 笑

それぞれの大学生活をスタートさせる3人

衣食住のルーツ
福祉の制度とその変遷
論理的な思考方法・・

各専修に別れる前の基礎を学びながら

ノゾミはヨサコイサークルで活動を
エミは家庭教師のアルバイトを始める

旅行サークルに興味を持ちながらも
入部に踏み出せずにいたサキ

授業にもサークル活動にも
積極的に取り組む2人を前に

「今のままじゃいけない」と強く思う

藤女子大学2年生

サキ

ノゾミー
実習に行ってきたんだって?

ノゾミ

あ、うん…

サキ

社会福祉専修って実践的だよね
実際のソーシャルワーカーの仕事ってどんな感じだった?

ノゾミ

んー…
ちょっと失敗した

サキ

え、何したの?

ノゾミ

デイサービス施設で実習だったんだけどさ

ノゾミ

高齢者の方に
積極的っていうか、先回りでお世話しようとしちゃって

ノゾミ

「利用者の自発的な行動を引き出せるようにしないとダメだよ」って…

サキ

そっか…
ノゾミの積極的なところが裏目に出ちゃったんだね

サキ

でも3年生でも実習あるんでしょ
そのとき挽回すればオッケーだよ

サキ

失敗して学ぶための実習なんだし

ノゾミ

うん、ありがと

ノゾミ

そっちは?
プロジェクトマネジメント専修の授業ってどんな感じ?

サキ

おもしろいよー

サキ

架空の商品を売り込む営業っていう設定でプレゼンしたり

サキ

写真や動画で魅せる方法!
とか勉強したり 笑

ノゾミ

へー
面白そう!

ノゾミ

サキのインスタ
最近やけにレベル高いなって思ってたけど

ノゾミ

まさか授業でやってるとは 笑

サキ

でしょ 笑

サキ

自分が売りたい物、見せたい物ももちろん大事なんだけど

サキ

商品を買ってくれる人とか、写真を見る人とか
相手の立場で考えるって大事だなって思ったよ

ノゾミ

わかる 大事だよね
ソーシャルワーカーの仕事でもすっごく大事!

ノゾミ

福祉の現場だと「相手と向き合う」って重要でさ

ノゾミ

「向き合う」ためには相手の立場で考えないと
独りよがりになっちゃうんだよね

ノゾミ

実習で失敗して実感した

サキ

凹まない 凹まない

サキ

そんな暗い顔じゃあ
ヨサコイだって上手くいかないよ!

ノゾミ

うん、そうだね…

ノゾミ

サークルのみんなの立場になったら
暗い顔してる私はダメダメだ

ノゾミ

よし!もう大丈夫!
切替えの早さもわたしの持ち味!

ノゾミ

明日からは
ヨサコイも勉強も今まで以上に相手のことを重視!

ノゾミ

よし!ポイントは、これこれ!
大丈夫!

サキ

そうそう 笑
元気のないノゾミはノゾミじゃないよ 笑

ノゾミ

エミは…
毎日楽しそうだよね 笑

サキ

うん 笑

サキ

このあいだ実習で作った服
インスタに載せてたよ

ノゾミ

見た見た
最近、おしゃれなお店とか建物の写真も多くない?

サキ

住居デザインの授業に影響されたらしーよ

サキ

家のデザインとかお店のレイアウトにも興味もったって
カフェ巡りしたり、いろんなお店行ったりしてるみたい

サキ

私もこのあいだ円山のカフェに一緒に行ったよ

ノゾミ

そっかー…
っていうか誘えよ!私もおしゃれなお店行きたいよ!

サキ

ノゾミは実習行ってたから誘えなかったんだよ 笑

旅行サークルに入って
自分から動くことに少しずつ慣れてきたサキ

2年生の専修選択では
思い切ってプロジェクトマネジメント専修を選んだ

プレゼンや議論
写真や動画の効果的な手法
そして仲間と取り組むプロジェクト

自分から積極的になることが求められる環境に
サキは戸惑いながらも、なんとか順応していく

一方で
持ち前の積極性が裏目に出たのが
社会福祉専修のノゾミ

高齢者を支援するデイサービス施設の実習

積極的にお世話することが大事だと考えていたが
それは必ずしも利用者のためにならないことを学ぶ

現代家政専修のエミは

被服の授業でシャツやパンツを作ったり
調理実習で得意の料理の腕をさらに磨いたり
住居デザインの面白さに気がついたり

3人はそれぞれの学びの中で成長していく

藤女子大学3年生

ノゾミ

サキー!
「石狩観光推進プロジェクト」に参加してるんだって!?

サキ

情報早いねー

サキ

そうなの
外国人向けのイベントを石狩で企画することになって

サキ

外国人観光客にアンケートする担当になったんだ

サキ

「旅先の魅力は何ですか?」って
石狩に「ようこそ」って感じでね

サキ

外国人にも緊張せずに話しかけることができるようになったし
友達もできて世界が広がってる感じ!

ノゾミ

あの人見知りのサキが…
外国人に「ようこそ」って…

ノゾミ

うぅ…
サキが成長して嬉しい…

サキ

自分の娘みたいに言わないで… 笑

サキ

わたし、まだ何になりたい とかもないからさ
今のうちにやれることはやってみよう!って

ノゾミ

アクティブになったよね~
プロマネに入って変わったみたいだね、サキ

サキ

うん、前より世間を広くみるようになってると思う

サキ

プロマネ専修の授業で
いろんな人と出かけたり会ったりするチャンスも増えたし

ノゾミ

いろんな人って?
もしかして北大生にイケメンがいたとか!

サキ

もぉ~ すぐ茶化す! 笑
大変なんだからね!

サキ

アンケート結果見て企画を練ったり

サキ

お店まわってスポンサーになってくれるよう交渉したり

サキ

業者に説明する資料作ってプレゼンしたり

サキ

お金の管理だってしなきゃいけないし

ノゾミ

ゴメン ゴメン

ノゾミ

でも、すっごいイキイキしてるね

サキ

うん 何だろう…

サキ

怖がって何もしないより
行動したほうがずっと楽しいって

サキ

大変なこともあるけど
すごく充実してる

ノゾミ

いいね
サキ、プロマネ入ってホントに変わった

サキ

うん、自分でもそう思う

サキ

ノゾミは?
今年のヨサコイはどんな感じ?

ノゾミ

うん!全力投球中!

ノゾミ

自分のやるべきことが見えてないと
周りも見えなくなるんだよね

ノゾミ

うちのヨサコイのチームはみんな周りが見えてる人達ばかりだから
すごい団結してる!

ノゾミ

でも、来年は
国家試験勉強に集中したいからさ。

ノゾミ

ヨサコイは今回が最後のつもり!

ノゾミ

だから、絶対、見に来てよね!

サキ

うん!それなんだけど

エミ

おーい!

ノゾミ

あ、エミだ!
は~い、はうあ~ゆ~

エミ

サキー!
外国人アンケート隊の担当なんだって?

エミ

あの人見知りのサキが…
外国人にアンケートなんて…

エミ

うぅ…大人になったのね…
成長して嬉しい…

サキ

… 笑

ノゾミ

アハハハハハ

エミ

なに?なに?
どうしたの、2人とも?

サキ

ノゾミと同じこと言ってる 笑

ノゾミ

わたし
同じこと言った 笑

エミ

だって!ねー、
そういう気持ちになるよ!わたしたちとしては!

サキ

でも、エミに言われると
お姉ちゃんから言われてるみたいな気分になっちゃう

サキ

なんか大人っていうか…

ノゾミ

じゃあ、わたしはなんなんじゃい 笑

ノゾミ

エミは塾の講師やってるからかな
なんか颯爽としてるよね

ノゾミ

これもやっぱ大人な感じ

エミ

そんなことないよ~

サキ

家庭教師と塾の講師って全然違う感じなの?

エミ

うん、違うよね

エミ

1対1 と 1対多数じゃ全然違う

エミ

これって現代家政でも同じでさあ
教育って奥が深いわ

ノゾミ

教えたり伝えたりするのはたいへんだね

ノゾミ

そうそう、エミも忙しいと思うけど
わたしのヨサコイ 観に来てよね!

エミ

わたしのヨサコイ 笑
OK! 絶対行くよ!

サキ

ノゾミ、それなんだけど

ノゾミ

どした?

サキ

わたし
カメラマン広報とかで手伝えないかな?

サキ

プロマネ専修の授業で映像の作り方も少し覚えたし
取材も記録もサポートも

サキ

せっかくの晴れ舞台だから
何か協力したいな と思って

ノゾミ

サキ…

サキ

だめかな

ノゾミ

わたし、泣くわよ

ノゾミ

いいに決まってんじゃない!

ノゾミ

サキ
カッコイイとこ撮ってよー!

エミ

サキがそういうなら
わたしもやりますか!

エミ

衣装のお手伝いなら出来るかな!
これでも現代家政専修のエースを目指してんだから 笑

ノゾミ

エミ… サキ…

ノゾミ

よーし!気合い入ってきた!
絶対ファイナルステージに立ってやる!

エミ

頑張れ、ノゾミ!

サキ

(頑張れ、ノゾミ!)

サキ

(わたし、みんなで一緒に何かができるだけで
最高に嬉しいよ)

サキ

(ノゾミ、エミ)

サキ

(ありがとう)

「石狩観光振興プロジェクト」
授業で取り組むことになったサキ

外国人観光客へのアンケートで
旅先で魅力を感じる部分を調査

自身の成長を感じながら
充実した毎日を送っている。

ノゾミはデイサービスセンターで二度目の実習

一度目の反省を生かし
相手の自発的な行動を引き出せるように

コミュニケーションの取りかたを工夫している

エミは家庭科免許取得を目指しつつ

家政婦分野の奥深さを実感

戸惑うこともあるけれど
日々学ぶことを楽しんでいる

藤女子大学4年生

エミ

サキ、ノゾミ
重大発表

ノゾミ

え!?なに!?
彼氏できた!?

サキ

なに?ドキドキする…

エミ

わたし…

エミ

就活は住宅メーカーにする!

サキ

わ!すごい!

ノゾミ

え!?住宅メーカー!?
なにそれ!?家庭科の先生は?

エミ

家庭科の先生にはあこがれてるし
挫折したわけでもなくて

エミ

何といえばいいのかなぁ
とにかく住居の授業ってすごく面白かったんだ

エミ

もちろん
これから就活がたいへんだけどね

エミ

住宅って考えるだけで楽しいじゃない

エミ

家族が毎日帰る場所だし
食べたり話して休んで…みんなが生きてるでしょ

エミ

子どもが育ったり
年をとっても安心できるようにしなきゃね

ノゾミ

住居デザインは面白いって言ってたけどー
そこまでとは知らなかった

エミ

このあいだのOG懇談会で
住宅メーカーに就職した先輩が来てたでしょ

エミ

その人の話が面白くって
個人的に会って話をしたんだ

サキ

そうだったんだ

エミ

家族一人ひとりの希望を聞いて形にしたり提案するのって
たいへんだけど楽しいって

エミ

さらに、ライフステージで考えなきゃいけないこととかさ

エミ

知識や経験も増やさなきゃいけないけど
発想や考え方の幅を広げることが大事だって

エミ

先輩の話をじっくり聞かせてもらって
わたしも、そんな風になりたいなって感じたの

エミ

衣食住だけじゃなくて
福祉やプロマネでもいっぱい面白い科目があったじゃない

エミ

今のうちに学べることは学んでるんだけど

エミ

働いたら、もっといい仕事をしたくなって
もっともっと勉強したくなると思う

エミ

だから
いずれは働きながら大学院とか行けたらって

エミ

まぁ、最初はそんな余裕ないと思うけどね 笑

ノゾミ

住宅のことだけじゃなくてどんな住み方をするかまで拡がる
その方が、より質が高い提案をしていけるって感じなのかな

エミ

まーそんな感じ?

サキ

家庭科の先生はもうすっぱり辞めたんだね

エミ

ん~まだわかんない

エミ

免許は取るつもりだし
いろんな経験積んでからでも遅くはないかなって

サキ

エミ…
なんかホントにすごい…

ノゾミ

さすがエミ!
わたしの親友だけあるわ!

ノゾミ

よし!
就活目指して頑張ろう、応援するよ!

エミ

ありがと 笑

エミ

ノゾミはいよいよ国家試験ね

エミ

社会福祉士
合格率3割の難関みたいだけど頑張ってね!

ノゾミ

もう、バリバリお勉強中 笑

ノゾミ

大丈夫!おかげ様で集中力がみなぎってるし

ノゾミ

病院実習に行けたおかげで
MSWになって働く自分が見えてきたし

ノゾミ

もう自信満々って感じ!

エミ

そういう自信たっぷりの人が怖いのよね~

ノゾミ

やめて~ 笑

エミ


サキは?就職先って決めた?

サキ

んーん、まだ決めてないの

サキ

ぼんやりとはあるんだけど
ハッキリしてないかな

サキ

キャリア支援センターにもアドバイスもらって
決めていく最終段階ってところかな

ノゾミ

検定とかも取ってたよね?

サキ

うん

サキ

色彩検定とパーソナルカラースタイリストは興味があって取ったけど

サキ

社会調査士も取れたから
それを活かすかどうかも含めて検討中

エミ

ふーん、なんかさ
みんな将来のことでザワザワしてるけど

エミ

なんかサキ
落ち着いてるね

サキ

石狩プロジェクトの企画イベントで公務員や社長さんたちとも関わって
色んな仕事や立場、考え方・方法があるんだなって知ったの

エミ

あのイベント
楽しそうで大成功だったもんね

エミ

新聞にも大々的に載ってたよね

サキ

うん、思ってたより大変なことも多かったけど

サキ

プロマネ専修を選んで良かったなって
企画の最初から関われたし

サキ

チームでやれて
たくさん仲間をが増やせたことが宝になった

サキ

わたし
みんなで一つの目標に向かっていくことが楽しいって感じたの

サキ

みんなで同じ目標に向かって
チームになって歩んでいく

サキ

学んだスキルも色々あるし
それを活かすんだよってゼミの先生が

サキ

だから、プロマネ専修でやってきたことを活かして
自分の役割を全力でやっていける

サキ

そういう仕事が出来たらな、って思ってる

サキ

だから、慌てて就職先を決めるんじゃなくて

サキ

自分にピッタリの
会社がわたしを必要としてくれるような

サキ

そんな就職先があるはずーって

サキ

人間生活学科は就職先の選択肢が広がってるから

サキ

一般企業だけじゃなくてNPOとかも含めて
いろいろ考えてるんだ

サキ

『早く就職決めた方が楽だよねー?』
って他の大学の人が話したりしてるけど

サキ

でも、今の自分に見えてることって
それはちょっと違う感じがしてるんだ

サキ

逆に
焦って未来を決めなくて良かったと思ってる

サキ

今の自分に出会えて、本当に良かった

ノゾミ

サキ…
やるな。カッコいいわ

エミ

サキ、すごいね
大学受験のあの時と全然違う

サキ

わ~ 懐かしい~
カフェで3人で話したよね~

ノゾミ

ね~ あの時のサキ
しどろもどろだったのに

サキ

え!なに!?

サキ

ばれてたの!?

ノゾミ

バレバレじゃん 笑

ノゾミ

「わたしも藤女子…」なんつって!
声小さ過ぎだし!

サキ

サキ

もぅ…
やだ…

エミ

でもあの時、ホント嬉しかったよ
みんなで一緒に藤女子行くんだーって

エミ

正直、心細かったしね
自分の未来に自信なんか持てる感じもなかったし

サキ

え…
だって2人とも すごく大人なっぽいこと言ってたよ…

ノゾミ

見栄見栄 笑

ノゾミ

いや、当時の自分なりの何かはあったけどさ
今、ふりかえるとサキの言う通り

ノゾミ

今の自分に出会えて、本当に良かった
と思う

エミ

わたしも
同じく

エミ

わたしも就職して大学院に行ってーって思ってるけど
その先どうなるかも分からないしね

エミ

その前に
いきなり結婚するかもしれないし

サキ

え?そんな予定あるの?
相手は?

エミ

例えば!
例えばの話!

エミ

でもさ
どういう道を進んでも今の時間は無駄じゃないなって

エミ

大学のこの4年間は無駄じゃないなって

エミ

成長したよね、みんな
話してて感じるくらい

エミ

わたしなんか小賢しいからさ

エミ

藤女子って、特に人間生活学科って就職率がすごい高いし~ ってのが
ホントの志望動機だったりしてたんだけど

ノゾミ

え~ それはそれですごい!
現実的なご意見ね

サキ

そんなこと考える余裕もなかった…

エミ

あら、受験する時って
みんなそんなもんでしょ

エミ

でも、ゴールはそこじゃないよね

エミ

どんな就職先を見つけるよりも
人間的に成長できたのが良かったかな

エミ

それがそれが一番の学びだったかな
今になって そう思う

ノゾミ

さすが、先生
まとめがうまいね

エミ

なんのまとめよ
ホンネよ、本音

サキ

ねぇ

サキ

卒業したらさ
あんまり会えなくなるのかな

ノゾミ

さぁー、どうなんだろうな

ノゾミ

大学に入る時もどうなるか全然予想できなかったけど
卒業したら、その後はもっと分からないな

サキ

また
会おうね

エミ

卒業しても
バラバラな進路でも

エミ

また会おうね

ノゾミ

うん、絶対会おう!

サキ

国家試験に落ちても?

ノゾミ

サキ!
いつからそんなキャラになった?

サキ

サキ

エミ!

サキ

ノゾミ!

サキ

ありがとう!

卒業後の進路が話題になる時期

ノゾミは初志貫徹

最後の実習で病院を選び
医療ソーシャルワーカーの仕事に触れ

今は社会福祉士の国家資格試験と卒論に集中している

一方で進路を大きく変えたエミ

住居の面白さに目覚め
住宅メーカーへの就職を決意

その視線は

更に先の未来もしっかりと見据えている

そして

「石狩観光振興プロジェクト」で
企画したイベントを成功させたものの

就職先を決めかねているサキ

ただ
大学進学時のような戸惑いや不安はなく

自分のしたいこと
自分が大切に思うことは何かを感じられる今を
心から楽しんでいた

サキはつぶやく

今の自分に出会えて、本当に良かった

藤女子大学 卒業

ノゾミ

藤女子大学 人間生活学部 人間生活学科卒業

市内 総合病院勤務

MSW(医療ソーシャルワーカー)として
日々 明るく、元気に奮闘中

エミ

藤女子大学 人間生活学部 人間生活学科卒業

住宅メーカーでの勤務を経て
藤女子大学 大学院へ

より広い知見を持った家庭教員を目指し
生活福祉分野の課題に取り組んでいる

サキの同僚

サキー
こっちこっち!

サキ(社会人)

お待たせ―
ありがとう、ランチ誘ってくれて

サキ(社会人)

おシャレなお店ー

サキの同僚

ね、おシャレでしょ!
こないだの企画、手伝ってくれたお礼よ

サキ(社会人)

いいのにそんなのー
わたしはただ、できることをしただけよ

サキの同僚

ホントに助かったの!

サキの同僚

イベント企画自体は良いものだったのに
みんな 全然協力してくれないんだもん

サキの同僚

サキが声掛けしてくれなかったら
ホントにアウトだったわー

サキの同僚

どうやってみんなをその気にさせたの?

サキ(社会人)

だから何もしてないってばー

サキ(社会人)

せっかくの良い企画だから
みんなで頑張ろう!って言ってただけよ

サキの同僚

でも、最初はみんな嫌々じゃなかった?
なんかさー「企画出したお前が全部やれよ」みたいな

サキ(社会人)

そうかなー
んー あの時はみんな忙しいのかなって

サキ(社会人)

ほら、できることって人それぞれだから
みんなで少しずつでも協力し合ってさ、
良いものが出来上がったら素敵だなー と思ってたよ

サキの同僚

なるほどねー
わたし、敵対心バリバリ出てたもんなー

サキの同僚

反省

サキ(社会人)

ふふふふ

サキの同僚

サキのそういうとこ、いいよね

サキの同僚

なんかさ、ポジティブというか
周りの気持ちをすごく汲み取ってくれるというか

サキの同僚

それでいて周りの意見ばっかり聞いてる感じもなくって
なんというか、芯があるというか

サキの同僚

なんか、いいよね

サキ

嬉しい!そういってもらえるのすごく嬉しい!

サキ

(ノゾミとエミに感謝しなきゃね)

サキの同僚

なになに?
なに、ブツブツ言ってるの?

サキ(社会人)

え?
ん~ん!なんでもない!

サキ(社会人)

ほら、早くメニュー選ぼ!
遠慮なく一番高いの食べちゃお~ 笑

サキの同僚

高っ!

サキの同僚

お礼とは言ったけど…
ほら、このセット安くて美味しそうですよ…

サキ(社会人)

ノー!
わたし、芯があるから周りの意見に流されないわよー 笑

サキの同僚

もぉ~ 笑
じゃあわたしも同じの!一番高いやつ!

サキ(社会人)

あら、わたしに流されてるみたい 笑

サキの同僚

笑笑笑

サキ

藤女子大学 人間生活学部 人間生活学科卒業

都内 旅行代理店 企画室勤務

新しい環境、知らない世界に飛び込み
自分を見つめ、人に向き合い
日々、新たな "楽しい" を見つけている

"なりたい"をカタチに
"すき"を広げて
"楽しい"を見つける

人間生活学科

SCROLL