札幌文化芸術劇場hitaruオフィシャルスポンサー契約の締結について

  • 投稿日:2022.04.06

 藤女子大学は2022年4月、公益財団法人札幌市芸術文化財団 市民交流プラザ「札幌文化芸術劇場hitaru」とオフィシャルスポンサー契約を締結しました。当劇場は大規模なオペラ・バレエ、ミュージカルなどの舞台芸術作品の公演を行い、札幌における文化芸術活動の中心的な拠点となっています。本学は、当劇場への協賛を通じて、札幌や北海道のさらなる文化芸術の創造・発展に貢献することを目指しています。
 
 札幌文化芸術劇場hitaru https://www.sapporo-community-plaza.jp/theater.html
 

<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->

藤女子大学と北海道文化放送株式会社(UHB)の連携協定締結について。

  • 投稿日:2022.03.01
<!--$alt-->

 藤女子大学は3月1日、北海道文化放送株式会社(以下、UHB)と連携・協力に関する協定を締結し、加藤雅規代表取締役社長とハンス=ユーゲン・マルクス学長の臨席の下、協定書への調印式を執り行いました。協定の発効は2022年4月1日となります。
 
共同プレスリリースはこちら
 
 2025年に学園100周年を迎える本学にとって、学生の教育や、多様な人材の育成と発掘につながる共同事業等を通じて、学生の企業理解や社会性の向上などにつながることを期待しています。
 
 また、2022年に50周年を迎える地域に根差したUHBと連携・協力することで、地域・社会の発展や北海道のメディアの発展に寄与していくことを目指しています。
(締結式の司会は本学 文学部 日本語・日本文学科卒業生でもあるUHBの柴田平美アナウンサーが行いました)
 
【本件に関する問合せ先】
藤女子大学 企画広報室 小柳正也 TEL:011-736-5050 Mail:kikaku@fujijoshi.ac.jp

<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->

※撮影時のみマスクを外して行いました。

JRタワー札幌ステラプレイス東コンコースに広告を掲載しました

  • 投稿日:2022.02.05

  広報活動の一環として、新たにJRタワー札幌ステラプレイス東コンコースの柱電照広告に本学の広告を掲載致しました。場所はJR札幌駅東改札口付近となります。JRや付近のお店をご利用される際など、お近くを通行される際には是非ご覧ください。

<!--$alt-->

地下鉄南北線さっぽろ駅ホームに広告を掲載しました

  • 投稿日:2022.01.07

 広報活動の一環として、新たに地下鉄南北線さっぽろ駅の壁面電照広告に本学の広告を掲載致しました。場所は麻生方面行きの先頭車両付近となりますので、JRへの乗り換え等で北側の改札へ向かう際など、お近くを通行される際には是非ご覧ください。
 
◆掲載日:2021年12月29日~

<!--$alt-->
<!--$alt-->

生乳廃棄回避に向けて,雪印メグミルク株式会社の皆様が来校されました。

  • 投稿日:2021.12.20

 生乳廃棄回避に向けた牛乳・乳製品の消費拡大の呼びかけのため、元スキージャンプ選手として活躍された、雪印メグミルク株式会社北海道本部副本部長の齋藤浩哉様とスキー部総監督の原田雅彦様、関係会社統括部担当部長の熊谷秀樹様が12月17日(金)、花川キャンパスに来校されました。
 
 昨今の報道にもある通り、牛乳・乳製品の消費量減少による生乳の廃棄が懸念されています。今回,雪印メグミルク株式会社様の牛乳・乳製品の消費量拡大の取り組みに,本学食物栄養学科も賛同させていただきました。その一環として,本学花川キャンパスにて『ガセリ菌SP株ヨーグルト(ドリンクタイプ・100ml)』を本学学生・教職員に対して無料配布を行いました。齋藤様、原田様には,呼びかけや配布のご協力だけではなく、学生・教職員との写真撮影やサインにも気さくに応じていただきました。

 また,食物栄養学科1年次の「調理実習Ⅱ」では,学生に向けた講話をしていただきました。齋藤様からは、年末年始は1年のうち最も牛乳・乳製品の消費が少なくなる時期であること、消費量の減少は生乳の廃棄につながってしまうことなど、牛乳・乳製品消費の必要性についてお話しいただきました。また、原田様からは、体が資本のアスリートにとって食は非常に重要な要素であることなどのお話しと、これから管理栄養士を目指す学生たちへのエールを送っていただきました。

なお、本学学生・教職員向けの牛乳・乳製品の消費拡大の呼びかけとヨーグルトドリンクの無料配布は、12月20日(月)・21日(火)にも引き続き花川キャンパスにおいて昼休みに実施する予定です。
 
雪印メグミルクの皆様、ありがとうございました。
(配布時には換気とアルコール消毒、マスクの着用を徹底し、写真撮影の際だけマスクを外して行いました)

<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->

≪Newコンテンツ≫ 3Dパノラマビュー公開について

  • 投稿日:2021.11.11

北16条キャンパスと花川キャンパス内を3Dカメラで撮影し、バーチャル体験ができる『3Dパノラマビュー』を新たに公開致しました。
※スマートフォン、パソコン等のWEBブラウザでご覧いただけます(Internet Explorerでは閲覧できません)

『3Dパノラマビュー』

パノラマ写真で360°見渡したり、3D画面で自由に移動しながら学内を見たりと、お手元のスマートフォンやパソコンからキャンパスツアーを体験することができます。

コロナ禍により、オープンキャンパスなどで本学をご覧いただく機会が減っておりますので、この新しいコンテンツを利用して藤女子大学を体感してください。

<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->

《お問合せ先:企画広報室 011-736-5050 kikaku@fujijoshi.ac.jp》

東洋経済オンライン「有名企業への就職に強い大学」にランクインしました

  • 投稿日:2021.11.11

 株式会社東洋経済新報社が配信する「東洋経済オンライン」(2021年10月2日掲載)にて、「有名企業への就職に強い大学」トップ200校が紹介され、本学が119位にランクインしました。道内の大学の中では5位、道内の私立大学においてはトップにランクインしています。
 
 この調査は、卒業生が100人以上の大学における2021年卒業生の有名企業400社への実就職率をランキング化し、上位200校を公開したものです。詳細は、以下をご参照ください。
 
東洋経済オンライン「有名企業への就職に強い大学」トップ200校(2021年10月2日掲載)
 https://toyokeizai.net/articles/-/459513?page=5
 
 今後も学生が満足のいく就職活動ができるよう、サポートを続けて参ります。

Fuji Autumn Marche(藤オータムマルシェ)を開催致しました

  • 投稿日:2021.11.04

 2021年10月19日(火)~10月25日(月)の期間中、北16条キャンパスでは4日間、花川キャンパスでは5日間に渡り、学生への支援第三弾「Fuji Autumn Marche(藤オータムマルシェ)」を開催致しました。今回は、FSA(Fuji Student Assistant)がイベントの企画から運営までを行い、連日多くの学生が会場を訪れて大盛況でした。学生同士、楽しそうな雰囲気で笑顔溢れる数日間となりました。
 
 来場した学生には、じゃがいも・たまねぎ・にんじん・りんご・コーヒー・レトルトシチュー等の食料品に加え、ホットクレンジングゲル・生理用品といった衛生用品も配られました。じゃがいもとたまねぎは、お米に引き続き、株式会社札幌設備様・石狩市保健福祉部様からご寄贈いただきました(じゃがいも:10kg×100箱 たまねぎ:10kg×100袋)。また、ホットクレンジングゲル(1,000本)は、今年7月に株式会社ランクアップ様からご寄贈いただいたものです。本学教職員から寄贈された他の物資とあわせて、学生支援に活用させていただきました。皆様の温かいご支援に心より感謝申し上げます。

<!--$alt-->

学生支援としてお米とレトルトカレーを配布致しました。

  • 投稿日:2021.08.05

 2021年7月27日(火)と29日(木)の2日間、学生への食糧支援第二弾を行いました。第一弾に引き続き、株式会社札幌設備様・石狩市保健福祉部様よりご寄贈いただいた「お米2kg」と、今回は藤女子大学コラボ商品のレトルトカレー等をセットで配布致しました。レトルトカレーは、「サッポロウエシマコーヒー株式会社×三井物産株式会社北海道支社×藤女子大学 産学連携プロジェクト」で開発、販売された「北海道の玉ねぎまるごとスープカレー」・「北海道の玉ねぎまるごと白いカレー」で、本学職員から寄贈された100食分が含まれております。
 一人暮らしの学生を対象に予約を受付し、163名から申し込みがあり、今回は SA(Student Assistant)として働く学生スタッフが主体となって設営や配布等を行いました。学生同士、和やかな雰囲気で2日間の活動を終了しました。

<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->

【学生からの感謝の声】
 
・無料配布があるというのを知り、両親も感謝していました。支援してくださって本当にありがとうございます。
・今回寄贈をしてくださる方々も、このコロナ禍できっとご苦労されている事もあると思うのですが、そんな中で食糧支援をして頂き感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
・お米の寄贈、本当に感謝いたします。また、レトルトの食品は、大学の課題と就活に追われていて料理に時間をかけることのできない今、とてもありがたいです。レトルトは保存期限も長いので困ったときに食べようと思います。本当にありがとうございます。
・今回はお米のほかにも、レトルトカレーが支給されるということでとても嬉しいです。おいしくいただきたいと思います。ありがとうございます!

【今後の学生支援について】
 
 学生に対する支援は、今後も食品や衛生用品等の配布も含めて継続的に実施する予定です。このような取り組みにご賛同いただける企業・団体様からの物資等のご提供につきましても歓迎致します。その際は学生課までご連絡いただけると幸いです。
 コロナ禍においても学生達の学びや生活が充実したものになるよう支援を続けて参ります。
 
≪学生支援についての連絡先≫ 学生課 北16条キャンパス:011-736-5720 花川キャンパス:0133-74-7045
 

株式会社ランクアップ様よりホットクレンジングゲルが寄贈されました

  • 投稿日:2021.07.28

 2021年7月8日(木)、本学卒業生の岩崎裕美子様が代表取締役を務める株式会社ランクアップ様より本学に、マナラ化粧品ホットクレンジングゲル1,000本をご寄贈いただきました。本学学生に役立ててほしいという温かいお気持ちとご支援に、教職員一同、心より感謝申し上げます。
 本学では、コロナ禍によって様々な影響を受けた学生への支援として、現在は食料品の配布を行っておりますが、今後は衛生用品等の生活用品の配布も予定しております。今回いただいたクレンジングは、今後の学生支援に有効に活用させていただきます。

<!--$alt-->

過去の記事を見る

TOP