子ども教育学科 子ども教育学科

子どもの育ちの保障が社会的に大きな課題となっている今、力のある保育者・小学校教諭が求められています。4年間の学びを通し、今社会で求められている力を培っていきましょう。 子どもの育ちの保障が社会的に大きな課題となっている今、力のある保育者・小学校教諭が求められています。4年間の学びを通し、今社会で求められている力を培っていきましょう。

歴史 歴史
保育者養成の歴史と実績を生かした、保育者・小学校教諭養成

2020年4月、保育学科は、これまでの保育者養成の歴史や実績を基盤としながら、保育所・幼稚園・認定こども園・小学校などで活躍できる人材も育てる子ども教育学科へと変化します。

実践 実践
保幼小連携に強い保育者・小学校教諭養成

子ども教育学科のカリキュラムは、0~18歳の子どもの発達・生活・学習を連続的に捉えられるように工夫されています。そのため、近年、必要性が高まっている保幼小連携にも対応できるものとなっています。

資格 資格
特別支援教育にも対応

障がいのある子どもたちそれぞれの存在を尊重し、主体性を育むための関わり方や、子どもの障がいの現状や課題について、講義をはじめ、特別支援学校・特別支援学級の見学など、さまざまな視点から学ぶことができます。

取得できる主な免許・資格
幼稚園教諭一種免許状 保育士 特別支援学校教諭一種免許状
小学校教諭一種免許状 児童厚生1級指導員 社会福祉主事(任用資格)
司書(任用資格) 司書教諭(任用資格)
児童厚生1級指導員って何?

児童館や放課後児童クラブなどの先生のことで、0~18歳の子どもが安全に遊んだり、
学んだりすることのできる環境を提供することで、子どもの健全な育成を支援する仕事です。
保育士資格を取得し、児童厚生員に関わる指定科目の単位を取得した者は、
卒業と同時に児童厚生員の資格が取得できます。

学科が求める人材
  • 子どもや子どもを取り巻く環境に関心を持ち、保育学や教育学の探求に励む人
  • 他者とともに人間として成長しようとする人
  • 広く社会に関心を持ち、探求心と自主性を持って課題に取り組もうとする人
  • 自らに備わった資質を磨き、社会に貢献しようとする人

高等学校で
学んできてほしいこと

考える力や他者と関わる力を身につけることが大切です

大学では物事を多角的な視野で分析し、それを客観的に示す力が要求されます。
また、子ども教育学科での学びは、他者とかかわりを通して学ぶことが重要な要素となっているため、一般常識や生活力、人間性も問われます。
そのため高等学校では多様な科目への積極的参加により、基礎的読解力や的確な言語表現を身につけ、物事を深く追求する探究心や好奇心を高めてきてください。また部活動、ボランティア活動等の課外活動へ積極的に参加したり、自ら検定に挑戦するなどさまざまな経験も重ねてください。

TOP