文化総合学科 文化総合学科

人間と社会を総合的な文化の“学”として学ぶ“知りたい!”に応える豊かな科目群 人間と社会を総合的な文化の“学”として学ぶ“知りたい!”に応える豊かな科目群

学ぶ 学ぶ
人文社会科学の視点から社会と文化を学ぶ

文化総合学科のカリキュラムは、社会科系科目に興味を持つ学生が、自分の関心を確かめながら研究テーマを選んでいけるように工夫しています。2つの専修を目印にして、徐々に学問領域や研究テーマを絞り込んでいけます。

関心 関心
社会の諸問題に対する理解力や
社会人に必要な実践的対応力を身につける

現代の社会と文化について、その制度や心理を含めて多面的に学ぶとともに、そうした異文化間のコミュニケーションの在り方について研究します。

学問分野
  • 異文化コミュニケーション
  • 文化人類学
  • 国際関係論
  • 法学
  • 心理学など
自由選択 自由選択
社会の諸問題の背景に対する理解力や
様々な事象を別の角度から見る能力を身につける

現代の社会と文化をその成り立ちから理解するために、背景や基盤となっている歴史や思想について研究します。

学問分野
  • 西洋史
  • 日本史
  • 哲学
  • 倫理学
  • 思想史など
取得できる主な資格
中学校教諭一種免許状(社会) 高等学校教諭一種免許状
(地歴・公民)
司書(任用資格)
司書教諭(任用資格) 日本語教員
学科が求める人材
  • 自分たちだけでなく他者の価値観や生き方にも関心をもち、社会に貢献したいという意識をもった人
  • 日本および国際社会における諸問題に対して意識が高く、知的探究心の強い人
  • 思考力、表現力、行動力を高めることをめざしている人

高等学校で
学んできてほしいこと

高等学校では英語、国語、地歴・公民を中心に
幅広く学んでほしいと考えています。

なぜなら各々の科目は、文系以外の科目も含め、私たちの文化的な営みと根底でつながっており、世界と日本を理解するための学問の基礎をなしているからです。また、様々なメディアをとおして、現在の世界や日本で起こっている出来事への関心を深め、そのなかで自分なりの興味や疑問を発見して、大切にしてください。それらは、過去の歴史と現代の社会、世界と日本の今を理解するための、最初の手がかりとなるはずです。

TOP