資料請求

大学院に入学して

人間生活学研究科 人間生活学専攻 1年 福玉 大輔
 

<!--$alt-->

 私は現在、母子生活支援施設という児童福祉施設で仕事をしながら大学院通学をしております。
 私が藤女子大学の大学院に入学しようと思った理由は、職場から通いやすい距離にあり講義が受けやすかったこと、そしてカリキュラムの内容が非常に充実しており、業務上必要な知識や経験を深めていけると考えたからです。また、教職員の皆様が私の勤務状況や興味・関心を加味し、講義に取り入れていただく等、柔軟に対応して下さることも入学を決めた大きな理由となりました。
 私は社会的養護が必要な子どもたちの支援に携わっております。大学院で学んだ知識や経験を子どもたちの明るい将来のため、さらには新たな取組みや事業を社会に提案していくことで、現場で子どもたちと日々向き合っている職員の皆様にも何か還元できると考えています。大学院で過ごす2年間はそのためのとても有意義な時間になることを期待しております。
 また、社会人枠での入学ということもあり、現場での経験や今まで得た知識を他の大学院生と共有することを楽しみにしています。仲間と共に考え、成長していけるような学生生活を送りたいと思います。

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP