資料請求

【人間生活学科】社会福祉の現場で活躍している卒業生

今回は、ソーシャルワーカーとして現場で活躍している人間生活学科卒業生の伊藤友里香さんを紹介します。

伊藤さんは2016年3月に社会福祉士国家資格を取得して卒業し、現在は社会福祉法人ほくろう福祉協会特別養護老人ホーム緑愛園で生活相談員として勤務しています。
仕事に就いてから、多くの悩みや失敗などを伴う経験をして約1年になろうとしています。

この度、緑愛園において「新入職・入職2年目スピーチ大会・2017」が催され、所属していたゼミナール担当教員(若狹)が招かれましたので、その時の様子をお知らせします。

伊藤さんは、『Kさんとの関わりを通して~後悔から見えてきたもの~』という演題でプレゼンテーションを行いました。その中で、ご利用者の方との関わりを通して気づいた自らの価値観とそれが支援において反映されたことに対する反省が語られました。そしてこの反省から、ソーシャルワーカーという専門職としてのご利用者との関わり方について多角的に考察し、次年度以降の自らの課題と抱負を導いていました。

教員の立場からは、約1年という短い期間ながら着実な成長を感じとることのできる報告でした。
その成長は、特別養護老人ホームで生きておられる高齢者及びご家族との具体的な関わりやそこで生じる種々の困難を経験した証だと思われます。そしてその様なときに、多くの先輩や同僚に囲まれながら適切なサポートを受けられる環境があったのだと考えられます。

また、伊藤さん自身も実践で生じる出来事と真摯に向き合い、そのうえで様々な視点から振り返ることによって専門的な支援としての意味付けを行う作業ができているのだと感じとることができました。
伊藤さんがこれからもより一層成長し、活躍されることを期待したいと思います。

また、このような機会を提供していただきました緑愛園の皆様に心よりお礼申し上げます。

<!--$alt-->
<!--$alt-->
前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP