資料請求

【授業NOW】対話からから深まる学び!〜協働学習入門〜

<!--$alt-->

 
 プロジェクトマネジメント専修ソーシャルプロジェクト系科目の「協働学習入門」では、多様で個性豊かな背景を持つ社会人の方々をお招きし、協働と学びについて講義をいただいています。
 第4回目のゲストは、NPOファシリテーションきたのわ代表の宮本奏さん。本学人間生活学科の卒業生でもある宮本さんは、名古屋の大学院へ進学・修了された後、複数のNPOで活動され、2010年から上記団体の代表として、全道各地で活躍されています。

 今回は「対話すること」から、相互理解と集合知を経た協働学習のあり方について授業をしていただきました。話し手と聞き手がいて成立する「対話」に、観察者を設け、3人組で役割を交代しながら、その時の「気持ち」「感情」「振る舞い」などをただ見つめるワークを行いました。学生は「対話は相互理解に繋がるということ。自分たちで考えて行動することが協同学習であること」「誠実に話をすることで、相手からの信頼にも繋がる」「対話力があることで出会いを生かすことにも繋がり、その場限りにせず、絆や縁が生まれることにも繋がる」など、宮本さんから多くのことを学び取っていました。
 協働学習入門では、今後も様々な人生を歩んでこられた方々から学ぶ機会を設定します。プロジェクトマネジメントや教職課程としてはとても大きな学びの時間となっています。

<!--$alt-->
<!--$alt-->
前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP