資料請求

【授業NOW】誰かがいるから学びが深まる!〜協働学習入門〜

 プロジェクトマネジメント専修ソーシャルプロジェクト系科目の「協働学習入門」では、多様で個性豊かな背景を持つ社会人の方々をお招きし、協働と学びについて講義をいただいています。第3回目のゲストは、NPO授業づくりネットワーク代表で、元中学校教員の石川晋さん。3年前に早期退職された石川さんは、北海道から東京へと拠点を移し、学校での校内研修や授業研究に関わられるなど、全国各地を毎日飛び回っておられます。今回は「誰かがいるということと学ぶということ」をテーマにした授業をしていただきました。石川さんのお子さんが初めて自転車に乗れた日の動画を見ながら、何かができる瞬間にその場にいる人が重要な影響力を持っていることを感じさせられたり、サルが芋を洗うことを誰か(どのサルか)が発見したことで、その食し方がグループ内に広がっていくさまから学びを受容するまでには性差や年齢差があることなどの事例から、協働学習の新たな一面を見出すことができました。学生は「協同学習において同じ目標を持って仲間と前へ進むことが大事だと改めて感じました。」「学びを人に伝えるのが協同学習なんだと思った。」など、石川さんから多くのことを学び取っていました。
 協働学習入門では、今後も様々な人生を歩んでこられた方々から学ぶ機会を設定します。プロジェクトマネジメントや教職課程としてはとても大きな学びの時間となっています。

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP