資料請求

【授業NOW】「調理学実習:2年後期」の様子

2年後期「調理学実習」では、高校までに学んだ調理の知識や技術を、調理科学、食文化、食品学および栄養学の観点から捉え直し、こらからの食生活における調理の意義を学習しています。今回は、授業の一部をご紹介します。

 

<!--$alt-->

11月5日(火)は、西洋料理について学び、せん切り野菜入りコンソメ、鮭のシューフロワソース寄せ、マセドニアンサラダ、カスタードプリンを作りました。

<!--$alt-->

11月12日(火)は、日本料理。
茶懐石風料理として、枝豆入り茶飯、炊き合わせ、えびのきのこ巻き揚げ、茶巾しぼりを作りました。

<!--$alt-->

11月19日(火)は、消化に良い食事。人間の体内での消化のしくみについて確認し、消化によい食品や、調理法について学びました。献立は、全粥、和風ロールキャベツ、にんじんのおかかサラダ、南禅寺蒸しでした。

調理学実習での炊飯は、文化鍋を用いています。蒸し器もたくさん使いましたね。調理用具の扱い方になれてきたころでしょうか。

<!--$alt-->
<!--$alt-->
前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP