資料請求

【人間生活学科】『プロジェクトマネジメント専修』の授業紹介

人間生活学科のプロジェクトマネジメント専修の授業(イメージ)を紹介します。

2018年度から進化するPBL(課題解決型学習)。
プロジェクトマネジメント専修は、人間生活学科の専門科目をより進化させる授業を展開します。
これまでの専門科目は『フィールドワーク入門』『フィールド・スタディ』『フィールドワークA』。

2017年度の『フィールド・スタディ』では、石狩市との包括協定による課題解決型学習(PBL)を行っています。
(履修者数:13名)
「石狩市のまちづくり」では、さまざまな事業や取り組みが行われているという説明がありました。
(9月29日~説明:石狩市役所経済部企画課主査)

後日、それぞれ共通の関心をもった学生が、産業・観光振興、生涯教育、住宅政策など、グループになり事前調査を開始。

産業振興に注目した学生たちが、石狩市厚田地区(旧厚田村)で、新たな事業や取り組みの予定があることを発見。

<!--$alt-->
<!--$alt-->

厚田地区の『道の駅』整備計画が気になった学生(4名)は、
事前調査する中で、市役所の担当者を訪問取材!11月17日
周辺住民にとって「どうあるべきなのか?」を今後考えることに。

<!--$alt-->

『道の駅』は周辺住民にとって「どうあるべきなのか?」
それを探るために、いよいよ、現地 視察。 12月18日 

<!--$alt-->

いざぁ~ !!  建物の中へ・・・「何か?できること」
学生の私たちでもがあるのか?

<!--$alt-->

なるほどなるほど・・・!?

<!--$alt-->

大切なことは大学生としての経験です。
2018年度から始まるプロジェクトマネジメント専修は、これまでの人間生活学科の実績と環境さらに進化させてアクティブに展開します。
新たな専門科目「プロジェクトマネジメント(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)」では、行政、企業、NPOと3カ年間継続する取り組みをとおして、技能、意欲、態度を身に着けます。
大学の授業では、「どのような経験をつめるのか?」ということも大切なことなのです。

プレゼンテーション(予定:1月19日)
石狩市役所の職員さんを招いて・・・「提案!!」

イメージ
 

<!--$alt-->
前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP