資料請求

新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について(第47回更新)

2022年9月27日
 
学生の海外渡航について(本学の方針)【2022年9月27日時点】
 
学長 ハンス ユーゲン・マルクス
 
学生の皆様
 
 本学の海外渡航に関する方針については、2022年3月17日時点において外務省の危険情報レベル・感染症危険情報レベルに応じて、以下の通りとしております。
 
 ※感染症危険情報レベル
   レベル4の国・地域…渡航不可
   レベル2及び3の国・地域
      ・長半期の協定校留学…国・地域、派遣時期ごとに、新型コロナウイルス感染症対策会議にて派遣実施判断

      ・休学を伴う私費留学、春・夏期休暇中などの短期研修…自粛を要請
      ・その他の海外渡航(私事旅行等)…渡航不可
 
 ※危険情報レベル
   レベル2以上の国・地域…渡航不可
 
 新型コロナウイルス感染症は、以前よりは重症化のリスクが低下傾向にある一方で感染力は高まるなど、依然として収束の気配を見通せず今なお様々な変異株が発生し蔓延し続けています。私たちには長期化するコロナ禍を克服すべく、新たな生活スタイルを身に付けていくことが求められています。
 このような状況の中で、今夏より長半期の英語圏および韓国の海外協定校留学を再開いたしました。しかしながら、政情不安の国や入国後隔離期間の支援体制が本学として困難である場合などの問題により再開できない地域もあります。
 今後、政府の要請、国際的な感染状況の急変、大学としての判断等により、やむを得ず方針を変更する場合もあることをご了承ください。
 留学等に関する相談を要する場合には、所属学科の教員や藤ACEプログラム担当教員などに問い合わせてください。海外渡航以外の代替企画の提供なども継続して努めてまいりたいと思います。
 
 以上、ご理解賜りますようお願い致します。



 

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP