資料請求

新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について(第34回更新)

2021年8月26日
学生の皆様、保証人の皆様
本学関係者各位
藤女子大学学長 ハンス ユーゲン・マルクス
 
危機管理指針のレベルの引上げについて
 
 8月27日(金)から9月12日(日)までの間、北海道も緊急事態宣言が発出されることになりました。
 これに伴い、8月27日(金)から9月12日(日)まで、本学の危機管理指針レベルを4に引き上げます。
 
 北海道の新型コロナウイルス感染者数は500人を超える日が続いており、道外の各都府県でも感染者数が増え続けており、さらに感染者が増え続けると病床がひっ迫し、万が一感染した場合に入院が難しい状況になるかもしれません。学生の皆様にとってはせっかくの夏休みではありますが、不要不急の外出を控える、混雑した場所への外出の機会を極力減らすなどのご協力をお願いいたします。
教職員につきましても、出張は原則禁止とし、不要不急の外出を控えてください。
 また、引き続き、マスクの着用、石鹸による手洗い、手指消毒、換気、ソーシャルディスタンス等、感染防止対策の継続にもよろしくお願いいたします。
 今後とも感染対策を心掛けて、お気をつけてお過ごしください。
 
 危機管理指針レベル変更に伴い、各部局より指示がある場合はそれに従ってください。
 学生の学内施設の利用につきましては、不要不急でない場合を除き、登校は自粛願います。
 
※緊急事態宣言中、出勤者数を調整することがあります。窓口対応でお待たせすることがありますのでご了承ください。
 

◆本学での大学拠点接種(ワクチン接種)について(第4報)
 
第33回更新でお知らせしておりました大学拠点接種の第一次予約は8月24日(火)で締め切りました。
予約枠にまだ空きがありますので、第二次予約を受け付けいたします。
 
【予約対象】 非常勤講師、本学学生(第一次予約で申し込まなかった人)等
(予約方法は別途お知らせしております。)
【予約期間】 8月26日(木)9時~8月27日(金)23時59分
 ※予約の可能な時間帯については、予約システムからご確認ください。
 ※大変短い期間となっておりますので、ご注意ください。

◎接種会場 藤女子大学北16条キャンパス
◎ワクチンの種類 武田/モデルナ製ワクチン(4週間隔で2回接種)
 
 ワクチン接種については強制ではなく、接種されるご本人の同意のもと、どこの会場で接種を受けるのかも含め、本人の希望に基づくのが前提となっております。また、ワクチン接種については、16歳以上は保護者の同意は不要となっていますが、ご家族でご相談いただければと存じます。
 ワクチン接種に係る相談は、保健センターでお受けいたします。

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP