資料請求

新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について(第29回更新)

 

2021年7月3日
 
今後の危機管理指針のレベル引き下げ予定について
 
新型コロナウイルス感染症対策会議
 
【7月12日以降の予定について】
 札幌市は、6月21日(月)から7月11日(日)まで、まん延防止等重点措置が発令されております。
 予定通り7月11日(日)で解除される場合は、7月19日(月)より、本学の危機管理指針をレベル2に引き下げる予定です。
 
 感染防止対策を施したうえで、対面授業を実施しますが、受講者数が多い場合など、引き続き非対面授業を継続する科目もあります。
 授業の詳細は、学生の皆様には、F-Stationを通じて教務課からお知らせいたします。
 今後の予定につきましては、来週末頃に再度お知らせいたします。
 
【本学でのワクチン接種の予定について】
 本学では、学生の皆様を対象とした新型コロナウイルスワクチン職域接種の申請を6月25日までに行いましたが、報道等でもご存知の通り申請数がワクチンの供給予定数を上回る事態となっており、実施については日程も含め、現時点では未定です。実施が可能になりましたら、あらためてご案内いたしますが、本学で実施可能になった場合に備え、本学での接種を希望するか否かの意向調査を行います。学生の皆様に別途F-Stationより案内いたしますので、ご協力よろしくお願いいたします。
 なお、ワクチン接種については強制ではなく、接種されるご本人の同意のもと、どこの会場で接種を受けるのかも含め、本人の希望に基づくのが前提となっております。ワクチン接種に係る相談は、保健センターでお受けいたします。
 
 引き続き、感染拡大が一日も早く収まることを願い、皆様におかれましても、感染防止対策の継続にご協力よろしくお願いいたします。

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP