資料請求

新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について(第25回更新)

2021年5月15日

学生の皆様、保証人の皆様
藤女子大学学長 ハンス ユーゲン・マルクス
 
「緊急事態宣言」に関する本学の対応について


 新型コロナウイルス感染症感染対策につきまして、日頃よりご協力いただき、心より感謝申し上げます。
 ゴールデンウィーク明けからの北海道、とりわけ札幌市の感染爆発の状況から、5月14日(金)、北海道に「緊急事態宣言」が発令されました。「まん延防止等重点措置」に対する本学の対応として、本学の危機管理指針を5月12日(水)よりレベル3に引き上げたところでしたが、緊急事態宣言が発出されたため、5月16日(日)から5月31日(月)まで、本学の危機管理指針をさらにレベル4に引き上げることにいたしました。
 本学では、学内の感染防止対策に努めており、学内での感染は幸いありません。発熱・風邪症状のある学生は登校しないようお願いしております。しかし、人の流れ、人との接触をできるだけ抑えることが必要と考え、残念ながら、危機管理指針に示すとおり非対面授業を中心に実施することといたしました。5月16日(日)から5月31日(月)までの授業は、以下の方針といたします。

 ・5月17日(月)から、一部、実験・実習など例外科目と設定されている科目を除き、非対面授業で行います。
 ・例外科目については、感染防止対策を施したうえで、対面で実施します(非対面で行える回については非対面で対応することがあります)。通学に不安を感じる方については配慮しますので授業担当者にご連絡ください。
 ・授業に関連する連絡につきましては、教務課よりポータルサイトを通じて学生の皆様にお知らせいたしますので、必ずご確認ください。

 なお、6月1日(火)以降の対応については、授業形態も含め、札幌市及び近郊の感染拡大の状況に応じて検討いたします。


 ※登校に関する感染対策や学内施設利用等は第24回更新をご参照ください。

<!--$alt-->
前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP