資料請求

学長メッセージ(5/12)

<!--$alt-->

つながり
 
 学生の皆さん、
 お元気でお過ごしでしょうか。連休明けでやっと、授業が開始されたことでほっとしています。遠隔授業なのでお手間がかかるとは承知していますが、参加をできるだけ容易にするため、連休中にも教職員は通勤して、深夜まで工夫を凝らしていたことを皆さんにもぜひ知っていただきたいと思います。
 さて、5月4日、ニューヨーク タイムズの国際版の社説に「危機の際に真のリーダーが際立つ」という見出しが付いていました。今回の危機で特筆に値する取り組みをした国の首脳は10名が紹介されましたが、内7名も女性でした。
 真っ先に紹介されたのは、2017年10月、38歳でニュージーランドの首相に就任すると同時に第一子の妊娠を知らせたジャシンダ・アーダーンさんでした。2018年3月21日、モスクでの礼拝中51名もが一人の白人優越主義者から射殺されたことを受けて、ベールをかぶったまま首相がモスクの礼拝に参列したことは、危機の際に攻勢を発信せず、社会的不安にも譲らず、リーダシップを発揮することが可能だ。という世界中の同僚へのメッセージにもなったと願っています。
 アーダーンさんに次いで、オーストラリアの首相スコット・モリソンさんが紹介されたのは、二人が異なる政治理念を掲げながらも共同に推進した対策の結果、コロナウイルスが両国からほぼ消滅したからでしょう。
 藤女子大学からも真のリーダーが輩出されるよう祈っています。
 

2020年5月12日
学長 ハンス ユーゲン・マルクス

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP