資料請求

新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について(第36回更新:2021.09.27)

緊急事態宣言解除後の危機管理指針レベルの変更について

新型コロナウイルス感染症対策会議

 緊急事態宣言は、9月30日(木)まで発令されており、宣言解除については、9月28日(火)に政府の方針が示される予定となっております。
 本学では、9月30日(木)まで危機管理指針をレベル4としておりますが、緊急事態宣言解除後の対応は下表の通りといたします。


【緊急事態宣言解除後の対応】

基準 危機管理指針
緊急事態宣言が9月30日で解除(北海道独自の政策があった場合を含む) 10月1日(金)~10月5日(火)をレベル3とし、10月6日(水)からレベル2に変更します。
緊急事態宣言が9月30日まで、翌日からまん延防止等重点措置に移行 10月1日(金)からレベル3とします。
緊急事態宣言延長 レベル4を継続します。

 10代20代の方のワクチン接種も進んできておりますが、皆様におかれましては、ワクチン接種の有無にかかわらず、引き続きマスクの着用、石鹸による手洗い、手指消毒、換気、ソーシャルディスタンス等、感染拡大の防止にご協力よろしくお願いいたします。
 
 ・後期も毎日の検温、体調管理表の記録を欠かさずに行ってください。
 ・発熱や風邪等の体調不良がある場合は、登校を控えてください。
  体調に不安があるときは保健センターにお問い合わせください。また、学生相談室の利用も可能です。
 ・今後も緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が適用されている地域への不要不急の往来は極力控えてください。
 ・大学関係者(学生・教職員等)の大学への立ち入りは禁止しておりません。
 ・図書館は平常通り利用が可能となっております。
 
  保健センター長からのメッセージ
 
◎危機管理指針の改定について
 本学の危機管理指針の研究活動について一部改定しました。
 ・レベル4でも、事情により卒業研究に係わる学部学生の研究室立ち入りを認めることとしました。

  危機管理指針

Page TOP