資料請求

英国留学記

今年の4月からイギリスのリーズ大学での留学生活をスタートさせた、英文科3年生の小村さんから留学便りが届きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月初旬から留学を開始し、早くも一か月が経ちます。初めての留学ということもあり当初はホームシックや、新しい環境への不安を感じる日々を過ごしました。でも、今では心温かいフラットメイトと国際色豊かな人々に囲まれながら、充実した日々を送っています。

今回の留学プログラムは、4月からの20週間にわたる英語コースと9月からの学部授業(1学期分)の二つに大分されています。現在は英語コースにて学部授業に向けての訓練をしているような段階です。受講生の7割ほどがクエートやサウジアラビアなど中東からの留学生ですが、彼らの流ちょうな英語と頭の回転の速さには日々驚かされています。常に自信に満ちて失敗を恐れず発言をしているその姿勢は、私に多くの刺激を与えてくれます。このコース期間を通し、英語スキルだけでなく「物事を考え・意見をもち・それを伝える」というプロセスをしっかり身につけたいです。
 

先日はイースター休暇を利用し、友人と隣町のヨークへと出かけ、教会を含む数々の歴史的建物を見物してきました。古いものを大切にするイギリス文化を肌で感じることができた貴重な時間でした。

<!--$alt-->
<!--$alt-->

リーズでの最も素敵な出来事は、FIREとの出会いです。これは、イギリスだけでなくアメリカ、中国、ジンバブエ、シンガポール、マレーシアといった様々な国籍の人々が、キリスト教について考え信仰を深める集まりです。無信仰の私にとって、神に感謝し、そして神を愛するという彼らの考え方には非常に興味深く感じられます。藤女子大学がカトリックということもあり多少の知識はあったものの、直接信者の人々と触れ合うのは初めてで、会うたびに得るものがあるように感じます。
 

<!--$alt-->


一日が本当にあっという間に過ぎ去っていきますが、今日よりも明日、明日よりも明後日と、日々少しでも成長できるよう努め、悔いのない留学生活を送りたいです。

​ Yu Komura from UK 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
藤女子大学では充実した支援体制の下で、様々な留学プログラムを準備しております。詳しくはこちらの2017年5月16日の入試課ブログ「学生広報スタッフ「F-lens」が紹介☆国際交流センター☆」とこちらの「留学ハンドブック」をご覧ください。また小村さんのように藤女子大学で留学してみたいという方は、是非7月29日(土)の夏のオープンキャンパスにご参加ください。スタッフが直接留学の疑問にお答えします。オープンキャンパスのお申し込みはこちらから。

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP