資料請求

土曜講座2008 「文字・活字文化」と図書館

第1回 2008年9月27日(土)15時~17時
  演 題 『未来への架け橋』 ―文字・活字文化の可能性―
  講 師: 肥田 美代子さん(童話作家、文字・活字文化推進機構理事長)

◎講演者からのメッセージ
 言葉は人間の歴史を創り、現在もなお、すべての社会活動の基盤を支えています。 その言葉の劣化がさまざまな角度から指摘されるようになりました。それと同時に コミュニケーション力や言葉のやりとりで問題を解決する力も低下傾向にあります。このため、 読書文化・書物文化への期待が高まり、『図書館の出番ですよ』という声が大きくなっています。 一緒に考えてみませんか。

◎肥田美代子さんのプロフィール
1941年、大阪生まれ。 大阪薬科大学卒、薬剤師、童話作家、前衆議院議員。05年政界引退。 現在、財団法人文字・活字文化推進機構理事長。
<作家活動> 79年『先生しごいたる』(偕成社)でデビュー。 『ゆずちゃん』(ポプラ社)、『おーいタクヤくん』(ポプラ社)ほか50冊。
<読書文化・図書館振興活動> 活字文化議員連盟事務局長など歴任。国立国際こども図書館設立(00年)、 子どもの読書活動推進法の制定(01年)、文字・活字文化振興法制定(05年)、国民読書年に関する 国会決議の採決(08年)に尽力。08年に図書館サポートフォーラム賞受賞。

第2回 2008年10月25日(土)15時~17時
  演 題 『文化財の蓄積と国立国会図書館の役割』―人類の知的遺産としての文字・活字文化―
  講 師 大滝 則忠氏(元国立国会図書館副館長 東京農業大学教授)

◎講演者からのメッセージ
 国立国会図書館は、国内最大の文字・活字文化の蓄積拠点としての役割を担って活動しています。その蓄積は、国民共有の情報資源であり、永く保存されると同時に、国の内外の利用者に広く利用提供されており、ひたすら利用者のためのサービス機関です。国立国会図書館のことをもっと知ってもらい、より身近な存在として活用していただきたいと願いながら、その諸活動を取り上げ、それらの意義と当面している課題について考えます。

◎大滝則忠氏のプロフィール
1944年山形県生。東京教育大学を卒業(法律学専攻)。1968年から36年余、国立国会図書館に奉職。 閲覧部門、レファレンス、国会サービスの各部門に勤務。コロンビア大学(ニューヨーク)東アジア図書館 に2年間出向。復帰後、関西館準備室長、各部々長を経て副館長、2004年末退職。 2006年から東京 農業大学教授(教職・学術情報課程/図書館情報学研究室)
著作に「図書館と読む自由―近代日本の出版警察体制との関連を中心に」『知る自由の保障と図書 館』(京都大学図書館情報学研究会、2006年)等

第3回 2008年11月8日(土)15時~17時
  演 題 『マスメディアと文字・活字文化』-情報を読み解く鍵としての新聞―
  講 師 日浅 尚子さん(北海道新聞社本社編集部 文化部長)

◎講演者からのメッセージ
 「活字ばなれ」と言われる今、「新聞ばなれ」もじわじわと進行しています。「ニュースや情報は、インターネットがあるから充分」という人が増えているのです。もし、新聞を読む人がいなくなったらどうなるのでしょう。私たちの毎日の中で、新聞が果たす役割を考えながら、文字・活字文化としての新聞のあり方を、皆さんとご一緒に考えたいと思います。

◎日浅尚子氏のプロフィール
札幌生まれの札幌育ち。53歳。北海道大学経済学部を卒業。1978年北海道新聞社入社。 学芸部(家庭面の取材)を振り出しに、経済部、道新TODAY編集部、編集委員を経て 2001年東京支社政治経済部次長。2005年室蘭支社報道部長。2007年から編集局文化部長。

第4回 2008年11月22日(土)15時~17時
  演 題 『民主主義社会と文字・活字文化』―「図書館の自由に関する宣言」と関わって―
  講 師 渡邊 重夫さん(藤女子大学図書館情報学課程教授)

◎講演者からのメッセージ
 図書館は国民の知る権利の社会的保障装置である。そのことを図書館界自らが内外に示したのが、『図書館の自由に関する宣言』である。この宣言を軸に、図書館が民主主義社会の形式・発展と深くかかわっていることをみなさんとともに考えてみたい。

◎渡邊重夫氏のプロフィール
1943年生。北海道学芸大学(現北海道教育大学)札幌校を卒業。高校教員を経て現在藤女子大学教授。 日本図書館学会賞受賞(1990年)
著書:『図書館の自由と知る権利』(青弓社,1989)・『子どもの権利と学校図書館』(青弓社,1993) 『司書教諭という仕事』(青弓社,1999)・『学校図書館概論』(勉誠出版,2002)・『司書教諭 のための学校経営と学校図書館』(学文社,2003)他。

2008公開講座ポスター
クリックすると拡大します

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP