資料請求

1年生の様子をお伝えします

4月2日の入学式から約1ヶ月が経ちました。この記事では,入学後の1週間のガイダンス期間の様子について,お伝えしたいと思います。

まず,ガイダンス初日の午前中に,英語のクラス分けのためのプレイスメントテストを受けました。保育学科では,英語が必修科目なのですが,自分の英語のレベルにあった授業が受けられるようになっています。

初日の午後は,学科ごとに分かれて活動をしました。保育学科では,まず,1年生・教職員全員で自己紹介をしました。「吹奏楽をやっていました・よさこいをやってみたいと思います・歌手の○○が好きです」など,いろいろな話題が登場しました。

<!--$alt-->

その後は,札幌レクリエーション協会の伊藤先生・西村先生に進行をお願いし,レク活動を行いました。写真左は,じゃんけんで負けたら黒いシールを顔に貼っていくというゲーム,写真右はジェンガの様子です。ゲームや軽い運動で,新生活で緊張した身体をほぐすことができました。

<!--$alt-->
<!--$alt-->

ガイダンス期間の2日目以降は,時間割の作成方法について学びました。「○○も△△も取りたいけれど,同じ時間帯だからどうしよう」「○○語って話せたら素敵かも」など,友達と相談しながら時間割の作成に取り組みました。

また,保育学科の歴史についてのお話も聞きました。藤女子大学のルーツを学ぶ旅に参加された杉浦先生から,修道院の様子や本場のクリスマスシーズンのお話などをうかがいました。

<!--$alt-->

ガイダンス期間最終日には,グループに分かれて,4年生にいろいろな相談や質問する交流会を行いました。ここでも,いろいろな話題が出たようです。交流会を手伝ってくれた4年生12名は「緊張する」「人見知りだからうまく話せないかも…」と言っていましたが,全員が話せるように配慮したり,1年生の不安がなくなるように具体的に説明するなど,立派な先輩ぶりをみせてくれました。

<!--$alt-->
<!--$alt-->

現在の1年生は,授業もはじまり,大学生活にもかなり慣れてきたようです。今後も,授業風景などをお伝えしたいと思います。

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP