資料請求

2015 ボランティアセミナー

8月10日、今年も「特別支援教育とその子ども達のためのボランティア活動セミナー」が、花川キャンパスを会場として行なわれました。
当日は保育学科の1年生から3年生まで計35名の学生が参加し、昨年に引き続き、手稲養護学校の先生方を講師としてお招きし、講義や実習を行いました。

                                

講義では「ボランティア活動って?」「障がいのある子どもと関わるために」「肢体不自由とは」といったテーマのお話につづいて、車いすについての基礎知識を学びました。
実習では2~3人で一組になり、校舎の内外を使って、廊下、スロープ、段差、階段、トイレ、エレベーター、ATM、自動販売機など様々な場面での車いす操作を体験しました。

       

                                        
 
学生たちからは、「障がいにばかり目を奪われず、子どもという視点をもつことの大切さに気づけた」「車いすの操作技術はもちろんのこと、車いすに乗っている人と押す人の信頼関係やコミュニケーションの大切さがわかった」「この経験を活かして積極的にボランティア活動に参加したい」などの感想があり、とても有意義な時間になりました。

       

 

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP