資料請求

学生広報スタッフ「F-lens」が紹介☆大学の時間割☆

こんにちは。
藤女子大学学生広報スタッフ「F-lens」の日本語・日本文学科二年、田中です。

今回は、大学生活をちょこっと紹介したいと思います!

大学生になると、時間割を自分で決めることになります。
パンフレットに載っている在学生の時間割も一人ひとり、違いますよね。
学科ごとに決まり事や約束事はありますが、
おおまかに「どうやって時間割を決めているの?」について書きたいと思います。

<!--$alt-->


春になると、
「時間割」「履修ガイド」というものが配布され、
主にこの二つを使って決めていくことになります。

ちなみに、「時間割」は薄いのですが、
「履修ガイド」はとても分厚く重たいです。

<!--$alt-->


「時間割」には、

「何曜日の何講時目に
 こんな授業が開講していますよ」


という情報が載っています。

また、学年別、前期・後期別に区切られています。

…しかし、これだけを見ても、授業の内容は大雑把にしかわかりません。

例えば、今年度の「日本文学講義Ⅰ」では、
「日本文学講義ⅠA」から始まり「日本文学講義ⅠI 」まであります……!

日本文学の授業だろうけど、内容はどのように違うの?!とツッコみたくなります。
こんなときに見るのが「履修ガイド」です!

<!--$alt-->


「履修ガイド」には、

「この授業ではこんなことを学びます!」

ということが詳しく書いてあります。

中には全文、英語で書かれている授業もあります…!

<!--$alt-->

履修ガイドを見て
「あ!面白そう!」
と思った授業を時間割で探し、

また、時間割を見て
「うーん。何を学べる授業なんだ…?」
と思った授業を履修ガイドで探します。

受けたい授業が同じ時間にある場合、
どちらか一つに絞らなくてはならなく、
悩みながら時間割は決まっていきます。

 

<!--$alt-->


履修ガイドをパラパラ見ていると、
どの授業も取りたくなるほど、
力的な授業がたくさんあります!

見つけ出したり、悩んだりと
とても大変なのですが(笑)、
その間にも「面白そう!」
と思える授業に出会えて、
私はとても好きです。

こうして出来上がった時間割はこれでいいのかな?という不安や、
時間割作りで困ったことがあるというとき、
大学の先生や職員の方、先輩に相談できる場があります。

私も相談に行ったことがあるのですが、
とても優しく、親身に丁寧に相談に乗っていただきました。

時間割作りは少し大変だけれど、でもワクワクする時間です!
このワクワクが少しでも伝わったらうれしいです。

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP