資料請求

2016年度の卒論が提出されました!

 12月15日は卒論提出締切日でした。
 卒業論文執筆は、実質3年次の仮題目提出から始まりますので、この日は、およそ1年をかけて取り組んだ卒業研究論文からの解放感、安堵感などに満たされます。
 以前、ご報告しましたように、異文化コミュニケーションゼミでは9月初頭に中間発表会を行いました。実は、4年生にとってはそれからの3か月間が「勝負」です。最後の1か月は、ほぼ全員が毎日11時過ぎまで大学に残り、論文執筆に取り組みました。それはどこのゼミでも同じで、文化総合学科教員の研究室はいずれも夜遅くまで明かりが漏れていました。皆さん、本当にご苦労さまでした。
 2月初頭には、全員が一人30分ずつ口頭試問を受けることになります。論文審査を行う主査と副査の先生方を前に、学生は自らの論文内容を説明し、質問・コメントを受けるのです。学生にとってはこちらも緊張を強いられる場面です。藤女子大学における4年間の集大成としての卒業論文ですが、口頭試問が終わるまでは気が抜けません。最後まで頑張ってほしいものです。
 写真は卒論提出の1週間後に、ゼミ生と近くのイタリアンレストランで「打ち上げランチ」をしたときのものです。ひとまず、大きな山を越えて、笑いに満ちた楽しいひとときでした。

打ち上げランチの一コマ
前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP