資料請求

文化総合学科第17期生を迎えました!

  2016年4月2日に藤女子大学入学式が挙行され、文化総合学科では、第17期生として新入生94人を迎えることが
 できました。

<!--$alt-->

  入学式の後、主任の真鶴俊喜先生(法学)が挨拶を行い、学科の専任教職員を紹介しました。また、昨年度はイ
 タリアで研究休暇を過ごされた渡邉浩先生(西洋史)、新しく赴任した図書館情報学課程の平井孝典先生からも挨
 拶がありました。なお、第17期生の学年担任は伊藤明美先生(異文化コミュニケーション論)です。
  4月9日までの間は、学科による履修ガイダンスや、教務部(課)、学生部(課)、教職課程をはじめとする各種
 課程による指導が行われ、金曜日にはサークル紹介をかねた新入生歓迎行事も行われました。毎年のことですが、
 新入生にとっては大変ハードな1週間だったと推察します。

<!--$alt-->
<!--$alt-->

  4月16日、17日には、花川キャンパスにあるセミナーハウスで宿泊研修が行われました。この研修は、教員と学
 生、そして学生同士の交流を深めることを目的として、学科が設立された2000年から行われており、新入生から
 は、毎年、好評を博しています。
  今年は、はじめて週末に開催されることとなり、初日となった土曜日午後には、10人程度のグループに分かれて
 花川キャンパス巡りを行いました。幸いお天気にも恵まれ、学生たちは5万坪の広大なキャンパスを楽しんでいた
 ようでした。

<!--$alt-->
<!--$alt-->



  セミナーハウスに戻ってからは、教員・学生の自己紹介が行
 われました。それぞれの特技なども紹介され、笑顔の絶えない
 楽しい時間となりました。その後、就寝までの時間は、それぞ
 れが自由におしゃべりをしたり、お風呂に入ったりしながら過
 ごしました。

<!--$alt-->

<!--$alt-->

  マリア院見学の後は、「基礎演習」です。「基礎演習」と
 は、1年生向けの演習(ゼミナール)で、大学での勉強の仕
 方、研究報告の方法などを学びます。文化総合学科の基礎演習
 は、いわゆる生活指導の役割を兼ねていることが特徴で、それ
 ぞれのゼミ担当教員が、「担任」のような役割を果たしていま
 す。
  文化総合学科に入学したみなさんが、大学での学びや友人、
 サークル活動等をつうじて、知的に、また、人格的に大きく成
 長できるよう、教職員一同最善を尽くすつもりでおります。こ
 れからの4年間、どうぞよろしくお願いいたします。

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP