藤学園創立100周年に向けて(理事長メッセージ)

藤学園創立100周年に向けて
 

2025年に創立100周年を迎える藤学園は、20世紀前半の北海道におけるカトリック教会の責任者ヴェンセスラウス・キノルド司教が、「北海道の未来は女子教育にある」との信念から、母国ドイツに女子教育の担い手になる修道女の派遣を要請し、これに応えた殉教者聖ゲオルギオのフランシスコ修道会の三人の修道女が1920年に来道したことに由来しています。

その後、幾多の困難を乗り越えて、1925年に5年制の「札幌藤高等女学校」を開設いたしました。
今日では藤女子中学校・高等学校、藤女子大学、および藤幼稚園5園を設置し、幼児教育から高等教育までを担う総合学園として、社会の各分野で活躍する多くの卒業生を輩出してきました。これもひとえに皆様のご理解とご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

藤学園は、カトリック精神に基づいて、学生・生徒・園児一人ひとりの個性を大切に育み、他者を思いやる寛容な精神を持って社会に貢献できる人材を養成することを使命として参りました。
創立100周年を一つの契機として、先達が築いてくださった土台の上に、更に第2世紀に向けて、より一層充実した教育活動を営むことができるよう、励んでまいりたいと存じます。

今後、100周年を充実した記念の時とすべく、学内外に向けて様々な記念事業を学園各校共に推進してまいりたいと思います。
コロナ禍という思いがけない厳しい社会環境の中、はなはだ恐縮に存じますが、何卒記念事業の趣旨にご理解を賜り、格段のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
                
  学校法人藤学園
理事長 永田淑子

ご寄付のお願い

<!--$alt-->



藤学園の各校でお願いしておりますご支援と併せて、学園創立100周年記念事業募金の募集を開始いたします。
下記の藤学園設置校のご支援サイトから、記念募金にお力添えを賜りますようお願い申し上げます。