資料請求
指導教員 題   目
揚妻  新言文一致体研究
 若者層における北海道方言の残存について
 青森県黒石市方言の世代差について
 日韓大学生における敬語使用及び談話行動での語法の比較
 三遊亭円朝『怪談牡丹燈籠』における場面の敬語について
漆﨑  『春色梅児譽美』における女性のことばづかいについて
 キリシタン資料における表記について
小山  『源氏物語』における六条御息所について
 『源氏物語』における「夢」
 『源氏物語』中の品の女について
 『源氏物語』における「浮舟物語」をめぐって
 『源氏物語』における六条御息所をめぐって
 『源氏物語』桐壺巻における漢籍引用
 紫の上の妻としての立場について
 『源氏物語』における出家について
 光源氏と女君の恋について
 『源氏物語』における長恨歌引用について
 弘徽殿大后及び右大臣側から見た『源氏物語』
 『源氏物語』における乳母子について
 『うつほ物語』論
 『枕草子』の生存戦略~回想章段における清少納言の思惑~
 『源氏物語』紫の上論
 『枕草子』論
菅本  村上春樹とアメリカ文化
 日本文学におけるエドガー・アラン・ポー
 原民喜「夏の花」論
関谷  『魔法少女まどか☆マギカ』論
 近代化とドッペルゲンガー
 福永令三『クレヨン王国』シリーズ作品論
 太宰治論
 全体主義・世界システム・児童文学
 庭という場と文学
 佐藤さとる論
 女と女の文学
 『はなはなみんみ物語』論
 文学とヒューマニズム
 エゴイズムと文学
 内田百閒論
 『獣の奏者』論
 芥川龍之介論
 『西の善き魔女』論
 ピノキオ論
 『南総里見八犬伝』論
 ミヒャエル・エンデと日本の児童文学
 文学教材の中のエチカ
 夏目漱石前期三部作論
種田  現代文学作品の受容について
 尾崎翠論
 萩原朔太郎 『猫町』論
 谷崎潤一郎論
 村上春樹『騎士団長殺し』論
 梶井基次郎論
名畑  東アジア圏からの北海道旅行者の観光行動について
 『史記』から見る司馬遷の思想
平田  加藤千蔭の『万葉集』観
 時代による巴御前像の変容
 中世の女人と出家について―『とはずがたり』を中心に―
 ものがたりの中の崇徳院
 『西鶴諸国はなし』「忍び扇の長歌」論
 『平家物語』における平知盛の人物像
 女房の恋歌
水口  古代文学における鬼について
 女性と人身御供
 『古事記』『日本書紀』におけるスサノヲについて
 『日本霊異記』上巻第二十二縁考
 古代日本における言霊信仰について
 上代文学における蛙について
 古代日本文学における狐について
 古代日本における「名」の持つ意味
 花の窟考
 根の堅州国について
 『古事記』・『日本書紀』における黄泉国について
 『日本霊異記』上巻三十縁からみる地獄
 記紀から探る「白」と動物の関係性について
 『日本霊異記』編者景戒について
松本(文総)  吉田松陰の人物像の変遷
Page TOP