資料請求
指導教員 題   目
漆 﨑 『新古今和歌集』の係助詞について
『天草版伊曽保物語』の二人称の表現について
『東海道中膝栗毛』の表記法
『きのふはけふの物語』における表記について
『浮世風呂』における女性の言葉遣いについて 
『春色梅児誉美』における文末表現について
御伽草子と日本昔話におけるオノマトペについて
『東海道中膝栗毛』における笑いのオノマトペについて
上田秋成『雨月物語』における漢字とかなの関係について
『春色梅児誉美』における恋愛表現について
鳥の鳴き声における狂言のオノマトペについて
小 山 『竹取物語』論
『源氏物語』における六条御息所について
『落窪物語』論
『源氏物語』における葵の上像の考察
『伊勢物語』論
『源氏物語』の女の声
『源氏物語』における頭中将について
菅 本 ホラー文学論
町田康『告白』論
灰谷健次郎と社会的弱者
宮沢賢治論
桜庭一樹論
村上春樹論
綿矢りさ論
池井戸潤論
谷崎潤一郎論
森見登美彦論
西村賢太論
よしもとばなな論
伊坂幸太郎論
天童荒太論
伊坂幸太郎論
LINEと若者
ジェンダー論
関 谷 戦争文学論
『坂の上の雲』と司馬史観
太宰治『人間失格』論
江戸川乱歩論
戦後漫画と赤塚不二夫
寺山修司論
長谷川四郎論
モンスター論
上橋菜穂子論
湯本香樹実論
紙芝居と大衆文化
鉄腕アトム論
『花とアリス』論
音楽エッセイ論
日本童謡論
星新一論
種 田 泉鏡花『沼夫人』論
内田百閒作品論
江戸川乱歩論
泉鏡花「売色鴨南蛮」論
江見水蔭論
中島敦『弟子』論
篠田節子『女たちのジハード』論
円地文子『女面』論
名 畑 白居易詩の茶について
河童について
唐詩における西王母像について
中国における異類婚姻譚について
平 田 付喪神の変遷
軍記物語における「切腹」
諏訪縁起の研究
『御伽草子』における「異類婚姻譚」について
「道成寺縁起」と女性像の移り変わり
神隠し譚における「嫁取り」の研究
『小栗判官物語』における“蘇生”
斎藤実盛について
水 口 上代文学における異類婚姻譚について
古代文学における〈蛇〉の存在
古代文学における亀
古典文学にみる境界
古典作品に見る鬼について
古代文学における〈目〉の持つ力
『日本霊異記』上巻第三十二縁考
大国主命の婚姻
山 本 大田南畝論
式亭三馬の滑稽本論
『醒睡笑』論
井原西鶴の町人物について
『復讐阿姑射之松』論
『伽婢子』巻一三ノ三「蛇瘤の中より出」論
松 村 躍動する占星術―ルネサンス期における占星術理解の一断面―
東日本大震災とキリスト教
太平洋戦争とキリスト教―錯綜する教会と政府指針―
カルトとマインドコントロール
Page TOP