資料請求

アドミッション・ポリシー

文学部

英語文化学科

英語文化学科のアドミッション・ポリシー

学科のめざしているもの

世界を結ぶ言語であると同時に、地域社会の歴史に根ざした言語でもある英語について、その言語文化の多様性と可能性を探るとともに、英語文化の視点から、私たちの母語である日本語の文化との関わりについても考えます。

1、2年次では、「学科基礎科目」を軸に、ネイティブ・スピーカーによる少人数クラス(10名程度)を中心として、「読む」「書く」「話す」「聞く」という総合的な英語の運用能力を養成します。3,4年次では、実践的な英語力を専門領域へと展開し、「文学・文化」「言語・コミュニケーション」の2専修を設け、一人一人が、幅広い国際教養を身に付け、専門的な研究テーマを構想し、それを卒業研究として結実させていくことをめざします。

●学科が求める人材

○英語のさまざまな運用力を、主体的にしっかりと習得しようとする人

○英語圏をはじめとする異文化への関心をいだき、意欲的に視野と展望を広げようとする人

○常に問題意識と好奇心を持ち、自らその解決、解明に努め、また自己の考えを積極的に発信しようとする人

●高等学校で学んできてほしいこと

英語の授業を十分に理解して、基礎力をしっかりと身につけてきてほしいと思います。予習や復習をして、読解力や語彙力を増す努力が大学での英語の習得には不可欠です。

マス・メディアを通じて、実際に話される英語に触れる機会を積極的に活用してほしいと思います。英語の関わる分野は多岐にわたるので、社会、文化、歴史、科学、時事問題や国際問題などに関連する科目を修得し、授業や各種メディアを通して情報を得る習慣を身につけておくのも望ましいことです。

大学においては、自分の考えなどを明確に伝える場面が数多くあります。そのためには自己表現力が必要ですので、国語の授業もしっかりと受けてきてほしいと思います。

●アドミッション・ポリシーに基づく入試方法
一般入学試験(A日程)

全学共通入学試験(3科目)では、筆記試験を課して、「読む力」「書く力」を中心とした英語力をはかります。言語、文学、社会的事象への広い関心を持つ学生を求めて、国語、地歴・公民を入試科目に加えています。

学科特化入学試験(2科目)では、英語に秀でた学生を求めて、「読む力」「書く力」をみる筆記試験と、「聞く力」をみるリスニングを課しています。英語の他、国語、地歴・公民から1科目を選択します。

大学入試センター試験利用入学試験(A日程・B日程)

A日程ではリスニングを含む英語と国語、地歴・公民を課して、入学後に必要な基礎的な知識をみるようにしています。

B日程ではリスニングを含む英語のみを課しています。

◇公募推薦入学試験

英語力をはかることを主眼とした筆記試験を行い、さらに面接によって本人の意欲と関心分野を知るようにしています。

Page TOP