資料請求
<!--$alt-->

長尾 順子 講師
Yoriko Nagao

■所属学科:人間生活学科
■研究室: 464
■オフィスアワー: 水:III、木:II
(在室中は随時対応します)

専門分野

被服学

研究テーマ

図像史料における服飾表現に関する研究

自己紹介

生活科学のなかでも被服分野を担当します。私は、絵画や演劇の衣装がきっかけで衣服の歴史に興味を持ち、大学では被服学を学び、日本服飾史にたずさわってきました。被服学とは、実に多領域で構成されており、衣装を歴史的な視点から考察するといっても、文化史はもちろんのこと、構成学や材料学、整理学、意匠学などの知識も必要とします。講義では、これら領域を一通り学ぶことで、総合的かつ多面的に被服を捉え、自らの生活に活用できるような授業展開をしていきたいと思っています。

講義・演習

衣環境論

この講義では、快適で安全な生活を送るために必要な知識を衣服の視点から学び、被服設計や被服選択の基礎となる理論の理解を目指します。さらに、環境に配慮した衣生活に向けて実践的な態度を身につけ、消費者としての役割を考えます。

衣生活学

衣生活を自然科学、社会科学そして文化史学的な側面から学ぶことを目的とします。多角的な視点から「装い」を捉え、人が快適な衣生活を送るために何が必要であるのかを、総合的に考えられる力を養うことを目指します。また簡便な実験や実習を通して、衣服製作の基礎的な技術を習得します。本授業は「教職課程(家庭科)」の必修科目です。

衣環境実験

衣服素材である繊維、糸、布の構造や化学的特性に関する材料実験、および洗浄・染色の実験をとおして、衣生活分野の実験的素養を習得します。また各実験結果の分析・考察から、快適で安全な衣生活を創造する力を養うことを目的とします。

生活科学演習

3年次では、被服領域に関連する文献の講読と討論を通して、卒業研究に必要な基礎知識と技術(研究計画書の作成、研究方法の選択、研究発表の方法)の習得を目指します。

主な業績

北海道における家庭科「衣生活」学習の可能性-羊の毛刈りから小物製作まで- 藤女子大学人間生活学部紀要,54,25-34(2017)

江戸草双紙にみる鬼子母神の服飾表現,国際服飾学会誌, No.44, pp.100-111(2013)

Page TOP