資料請求
<!--$alt-->

阿部 包 教授
Kurumi Abe

■所属学科:人間生活学科
■メールアドレス: kurumi @fujijoshi.ac.jp
■研究室: 445
■オフィスアワー:  水曜日III・IV講時目

 

専門分野

聖書学、特に新約聖書のパウロ

研究テーマ

後1世紀のユダヤ教との関係においてパウロを見直すこと

自己紹介

四歳で洗礼を受けてカトリックに。子どものときは絵描きになるのが夢でした。それが現在はパウロを中心にユダヤ教・新約聖書の研究者。趣味は音楽鑑賞(ユダヤ、イスラーム、アイリッシュ、古楽など)、ドライヴ、など。目標は新約聖書の個人訳完成です。

講義・演習

生活と宗教

 生活の中に宗教はどのような形で表れているのか。宗教とは無関係と思われるものの中にも宗教に由来するもの、元来は宗教的意味を持っていたものも少なくありません。ユダヤ教やキリスト教、日本の宗教などに例を求めて人間の生活と宗教の関わりを探ります。

スタディスキルズ

導入教育の一つです。学科の学びの特徴,学び方,必要な学習資源などについてグループワークを中心に学びます。

キャリアデザイン

生活デザインの基礎を学ぶことで,卒業後の自分の姿を思い浮かべ,それに近づくために何をすればよいのか,一緒に考える授業です。

テーマ研究C

思想史・文化史・宗教史に関心を持つ学生が報告するテーマを教員とのディスカッションをとおして選び、関係資料の読解分析を経て、レポートに仕上げて行きます。

聖書学概論(共通科目)

欧米のものの考え方・文学・芸術などに広範な影響を与えた聖書の世界観・歴史観・人間観の基礎を紹介する講義です。みなさんが実際に読むことへの招きになれば幸いです。

聖書学(新約)(共通科目)

聖書学概論の知識を基礎に、新約聖書をより詳しく論じます。共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)、パウロの手紙(主としてローマ、ガラテヤ)が題材です。史的イエスと信仰のキリストが大きなテーマと言っていいでしょう。

聖書学(旧約)(共通科目)

聖書学概論の知識を基礎に、旧約聖書をより詳しく論じます。創造物語、洪水物語、族長たちの物語、出エジプト、契約、十戒、律法、神の支配と人の支配(王制)などをとおして、人間が生きていく上で普遍的な意味や価値があると思われる事柄について、学びましょう。

主な業績

主な著書

『ピコ・デッラ・ミランドラ 人間の尊厳について』(共著・訳)、1985年。 『面白いほどよくわかるキリスト教』(共著)、2008年。 『5分ですっきり読める聖書物語(旧約篇)、2011年。

主な論文

「終わりの世を生きる―パウロと黙示的終末論―」『哲学』、2002年。 「創世紀15章6節とパウロのpistis理解」『日本カトリック神学会誌』、2004年。 「エイゲ・カイ・エイケー(ガラテヤ三章四節)とガラテヤの信徒の危機」『基督教学』、2008年。「パウロにおけるピスティスの意味―イエスの信仰とわれわれの信仰―」『基督教学』、2014年。「パウロにおける信仰と愛の実践」『日本カトリック神学会誌』、2015年。「平和についてーイエスのメッセージからー」『福音宣教』、2015年8・9月。

Page TOP