資料請求

学科の特徴 ミッション

人間生活に立脚し、地域に向けて人づくりと環境づくりを実践する
- 生活科学と福祉・環境のコラボレーション -

人間生活学科は、生活科学、社会福祉、地域環境という相互に関わりあう三分野からなり、それぞれの専門科目群を配置しています。三分野にまたがる自在な学びを通して、社会の現実を的確に捉え、生活の質(QOL)の向上をはかる上で必要なさまざまなスキルを習得して現代社会の生活課題や問題の解決を行いうるプロフェッショナルな人材の育成をめざしています。

「生活科学」は、衣食住を基本とする人間生活のさまざまな課題に解決の糸口を与え、「社会福祉」では、条件を違える人々がともに生きるための基盤づくりと仕組みを学び、さらに「地域環境」では、人々が暮らす国内外の地域の問題を把握し、環境計画のためのプログラムを実践します。

こうした専門教育で重視しているのは、まず、人間の尊厳を大切にすること。そして、未来に向かってクリエーティブであり、しかも問題をみずから発見して、その改善・実現のための提案に至る自発的な姿勢です。

学科の学びを通じて、状況を表現したり、伝える、立案する、実践するための基礎能力を高めます。この能力を活かすための資格として、本学科を卒業することによって中学・高校家庭科および高校福祉科教員免許状、社会福祉士国家試験受験資格といった資格群の取得が可能です。

<!--$alt-->

人間生活学科が求める学生像

個性や多様性を尊重し、人との関わりを大切にする人
生活科学、社会福祉、地域環境、家庭科・福祉科教育に関心のある人
個人や社会の生活の質の向上に関心のある人

<!--$alt-->

高等学校で学んできてほしいこと

「家庭」の学習を通して“生活”の成り立ちやさまざまな側面に関心をもち、その知識・技術や科学的論拠への探究心が旺盛であることを望みます。また、「国語」や「英語」の学習を通して、人との関わりの基礎となる理解力や表現力を磨くことも大切です。さらに、「理科系科目」あるいは「社会科系科目」の学習を通して、科学的思考や関係性の捉え方、現代社会の基本的な問題や人間としてのあり方、生き方について考える力を養うようにしてください。大学ではこうした基礎学力と関心・探究心をライフスタイルのデザインやヒューマンライフをサポートする実践的能力へ高めていきます。

アドミッション・ポリシーに基づく入試方法
一般入学試験(A日程)

「国語」、「英語」のほかに選択科目群から1科目を選択しますが、この中に「家庭」が含まれており、家庭科の学習内容に興味のある受験生も受け入れるようにしています。

大学入試センター試験利用入学試験(A日程・B日程)

教育目標や教育内容への関心と学習意欲があれば、もっとも基礎的な領域の学力によって受け入れるようにしています。A日程では、「国語」と「英語」で評価します。B日程では、「国語」「英語」の何れかと、「公民・地歴」「理科」「数学」の何れかとで評価します。

公募推薦入学試験

基礎学力試験(日本語および英語の理解力と表現力)とともに面接を重視します。生活科学・社会福祉・地域環境などへの受験生の関心・学習テーマや志望動機を確認します。

Page TOP