資料請求
<!--$alt-->

松村 聡 教授
Satoshi Matsumura

■所属学科:保育学科
■メールアドレス: s.matsumura@fujijoshi.ac.jp
■研究室: 351
■オフィスアワー:前期 火曜日Ⅱ・Ⅲ講時  水曜日Ⅲ・Ⅳ講時
         後期 水曜日Ⅲ・Ⅳ講時  木曜日Ⅰ・Ⅱ講時

専門分野

小学校算数科教育法

研究テーマ

 子どもは実生活において、どのように数学的な視点で物事をとらえ、どのような数学的な考え方で思考していくのか

自己紹介

 小学校教員時代には、数多くの授業公開や研究発表を通して、算数数学教育の充実に取り組んできました。また、教員を目指す学生への指導や、教員の資質向上を図る研修にも深く関わってきました。今後も、未来社会を生きる子どもたちに必要な資質能力を育成するための指導の在り方について研究を深めたいと考えています。

講義・演習

保育学研究演習

 幼児期において数量や図形への関心・感覚が育まれるようにするためには、遊びや生活の中の様々な場面において、指導者が、幼児一人一人の数量や図形への関心のもちようを把握するとともに、発達の実情に応じて数量や図形に親しむことができるように環境を工夫したり援助したりすることが求められます。そこで、本授業においては、数量や図形に着目し、活動を通して問題を解決することの意味について理解するとともに、幼児の遊びや生活の中から、数量や図形への関心・感覚の様相を把握し、それを援助する関わりの在り方について考察することを通して、小学校との円滑な接続について理解を深めることを目的とします。

主な業績

著書

・(共著)小学校算数科用 文部科学省検定済教科書「みんなと学ぶ小学校算数」学校図書株式会社2019年
・(共著)教授資料小学校算数「言葉の力で育む数学的な考え方~どのような話し合い活動をするのか」教育出版株式会社2015年
・(共著)「算数授業研究vol.110『振り返りをどうするか』」東洋館出版社2017年
・(共著)「基礎・基本をおさえた算数科授業づくりのポイント小学校5年」日本数学教育学会編 東洋館出版社2011年

研究論文

・「子どもたちがこれからの社会を切り拓き、豊かな人生を創り上げるための算数科の本質的な意義と授業の在り方について~指導者に求められる算数教育の授業観と指導内容の理解を深めるために~」2018年保育学科研究紀要第1号 pp139-148
・「算数科において『主体的・対話的で深い学び』を実現する問題解決授業の構築と指導方法について~授業づくりをするために必要な教材研究の力量と実践力の育成~」2018年保育学科研究紀要第1号 pp149-158
・(共著)「学びを深める子どもの育成~子どもの『問い』を基軸とした授業の構築」2016年 日本教育公務員弘済会北海道支部研究集録 pp73-76

Page TOP