資料請求
<!--$alt-->

青木 直子 准教授
Naoko Aoki

■所属学科:保育学科
■メールアドレス: n-aoki@fujijoshi.ac.jp
■研究室: 375
■オフィスアワー:前期 月曜日Ⅰ講時,水曜日Ⅲ講時,木曜日Ⅰ講時

専門分野

発達心理学・教育心理学

研究テーマ

子どもの動機づけとフィードバックの関連

自己紹介

子どもにとって,ほめられるというのはどのような経験なのか,また,ほめられることと動機づけにはどのような関連があるのかといったことに関心があります。これまでは,子どもの視点から研究を進めてきましたが,最近は,ほめられる側である子どもとほめる側である大人の「ほめ」に対する意識のずれに注目し,調査を行っています。

講義・演習

発達心理学

 人間の発達は,身長や体重といった身体的な側面はもちろん,自分自身のとらえ方・遊び方・対人関係の築き方・考え方など,さまざまな側面で起きています。発達心理学では,このような子どもの発達の様子について,子どもの行動例や実験結果などから学びます。

教育心理学

 子どもたちは,毎日,縄跳びをする・はさみを使う・ルールを知るなど,さまざまなことがらを学んでいます。教育心理学は,子どもが学習をする際に起きていることがらや,このような学習を支える記憶・動機づけ・教師や保育者の働きかけなどについて学ぶ授業です。

児童期以降の発達と心理

 この科目では,児童期以降の発達について,進学・就職・結婚・出産・定年退職などのライフイベントと関連づけながら学びます。子どもの周りにいる親・祖父母・先生・自分自身などの“子どもではない人”に対する理解を深めることがねらいです。

学校教育心理学

 学習は,個人内で完結するのではなく,教師や友達などの他者との関わりの中で行われています。そのため,同じ人物でも,先生やクラスの雰囲気によって学習に対するやる気などが変わることもあります。学校教育心理学では,こういった学習に与える他者の影響などを取り上げ,紹介しています。

*講義名は2019年度入学生のカリキュラムのものです。

主な業績

研究論文

青木直子(2016).フィードバック以前の文脈がフィードバック後の動機づけに与える影響 藤女子大学人間生活学部紀要,53,47-64.
青木直子(2018).児童と教師の「ほめ」に対する認識-生じる感情・動機づけ・教師がほめる理由の比較- 藤女子大学人間生活学部紀要,55,71-84.

学会発表

青木直子(2016).勉強場面における教師からのポジティブフィードバック-小学生対象のインタビュー調査による検討- 日本発達心理学会第27回大会,p257.(PB-41)4月29日,北海道大学
Aoki, N. (2016). The difference in the perception of effective praise between elementary school students and teachers, The 31st International Congress of Psychology, p1164, 28th, July, Pacifico Yokohama
青木直子(2016).児童の学習への動機づけを高めるほめ手-児童と教師の認知の比較- 日本教育心理学会第58回総会,p346.(PC01-64)10月8日,かがわ国際会議場
青木直子(2017).小学校教師の認識する児童の動機づけを高める「ほめ」 日本発達心理学会第28回大会,p449.(P5-47)3月26日,広島国際会議場
青木直子(2017).児童と教師の認識する教師がほめる理由 日本教育心理学会第59回総会,p367,(PD17)10月8日,名古屋国際会議場
青木直子(2018).ほめられた際の児童の感情状態のとらえ方-児童と教師のとらえ方の比較-日本発達心理学会第29回大会,p271.(P3-13)3月23日,東北大学
青木直子(2018).児童をほめる理由に基づく小学校教師の類型化 日本教育心理学会第60回総会,p450.(PE31)9月16日,慶應義塾大学
青木直子(2019).子どもをほめる理由に基づく保育者の類型化 日本発達心理学会第30回大会,p557.(PS8-34),3月19日,早稲田大学

Page TOP