資料請求

【授業NOW】ソーシャルワーク実習全体報告会を開催しました

1月31日に「ソーシャルワーク実習全体報告会」を開催しました。
この報告会は、3年生が2年間にわたって学んできたソーシャルワーク実習(実習指導Ⅰ・Ⅱ、実習Ⅰ・Ⅱ)の集大成です。
学生それぞれの発表はもちろんですが、報告会の運営もすべて学生が行いました。
また当日は、実習でご指導をいただいた各施設のスーパーバイザーの皆様にも出席していただき、学生の発表に総評をいただきました。
学生たちにとっては、ほどよい緊張感を抱きながらの発表になったと思います。
 

<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->
当日の発表題目

・「ソーシャルワークの観点からみたチームアプローチの有効性」(特養)
・「ソーシャルワークにおけるチームアプローチの意義」(特養)
・「利用者を理解すること~支援者の専門性から~」(デイサービスセンター)
・「答えの無い対人支援~生活相談員の専門性の考察から~」(特養)
・「自己実現のための家族の存在意義」(デイサービスセンター)
・「自分の弱さと向き合う」(デイサービスセンター)
・「家族への『思い』を大切にした“じりつ”支援~両親の『想い』との葛藤~」(障がい福祉サービス事業所)
・「専門職として学ぶその先にあるもの~実習をとおして得られた今後の課題~」(多機能型事業所)
・「利用者の気持ちに寄り添うことからの気づき」(生活介護事業所)
・「その人にとってのより良い暮らしとは
  ~多角的視点から見えてくる利用者のより良い暮らしを見つけるプロセス~」(生活介護事業所)
・「利用者の現在から未来までの橋渡し
  ~これまでの生活、将来への願い、利用者を取り巻く環境の影響~」(生活介護事業所)
 

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP