資料請求

【人間生活学科】羊の毛刈り体験・その後①

5月の「羊の毛刈り体験」を覚えていらっしゃいますか?

美唄市の西川農場さんでいただいた羊毛のその後をご報告いたします。後期の「衣環境実験」の授業で、3・4年生が羊毛製品への理解を深めるために、今、楽しく授業に取り組んでいます。今回は、原毛→洗浄→染色の過程をご報告いたします。

①原毛→洗浄
はじめに、羊毛に付いているゴミや脂を手作業で取り除きます。

<!--$alt-->

次に、大型のポリバケツにお湯をはり、洗剤を入れ、棒で羊毛を沈ませながら洗います。
 
1回目の洗浄です。

<!--$alt-->

お湯がドロドロになりました。

お湯入りのポリバケツは重たいので、器具を使って排水します。

<!--$alt-->

再度お湯をはり、繰り返し洗浄します。この工程を数回繰り返します。

<!--$alt-->

汚れが落ちたら、軽く脱水をします。5回目でようやくきれいになりました。

<!--$alt-->
<!--$alt-->
<!--$alt-->

広げて乾燥させます。
次は好きな色に染色します。

②染色
まず、化学染料を使って、温度を管理しながら煮ていきます。

<!--$alt-->
<!--$alt-->

どんな色になるのか、染め上がりが楽しみです。

<!--$alt-->
<!--$alt-->

最後に染料を洗い流し、すすぎ、脱水をして乾燥させます。

<!--$alt-->

そして、とうとう…!!

<!--$alt-->

汗だくになりながらも、ヘトヘトになりながらもやり遂げました。汚れのついた羊毛を洗うにしても、染めるにしても体力勝負でした。
 
次回は染め上がった羊毛を、糸にしていきます。
(夏のオープンキャンパスで体験した高校生もいらっしゃいますね♪)
次の更新もお楽しみに!!

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP