資料請求

藤陽祭で、文化総合学科講演会を開催します


 恒例となっている文化総合学科講演会を、10月14日(日)の14時30分より、471教室で開催します。
今年は、今年度4月より赴任された国際関係論ゼミ担当の上原賢司(うえはらけんじ)先生による「正義についてグローバルに考える」というタイトルの講演です。

以下に概要などを記しましたので、ぜひともお越し下さい。
 
題目   正義についてグローバルに考える
講演者  上原賢司(藤女子大学文学部文化総合学科)
日時   2018年10月14日(日) 14時30分~16時
場所   北16条キャンパス 471教室

概要
今年度から、本学文化総合学科にて国際関係論を担当しています上原賢司です。よろしくお願いします。本講演会では、ご挨拶もかねて、私の研究分野である「グローバル正義論」---地球全体で正義/不正義を考える---について、何を扱う学問であり、どんなことを言おうとしているのかを、お話させていただきたいと思います。それにあたって、昨年の年末に出版いたしました拙著、『グローバルな正義----国境を越えた分配的正義』(2017年 風行社)の内容を簡単にご紹介しながら、国際関係での理想の論じ方の一端をお見せできればと考えています。
 地球全体の正義と言うと、何か浮世離れした奇妙な人間の世迷言のように聞こえるかもしれません。けれども、現在世界の国内外の政治的・経済的な出来事を私たちが理解するにあたって、こうした世迷言のような話が、意外なヒントになるかもしれません(そうなってくれればと切に望むところでもあります)。本講演会が、私たちの住まうこの世界の現状についての、意見交換や共に考えを深めていくための一つの場になれば幸いです。 
 

 
 

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ
Page TOP