資料請求

体調管理、感染症に関すること

新型コロナウイルス感染症に感染したら、濃厚接触者になったら
~大学への連絡方法と自宅待機について~
新型コロナウイルス感染症に感染したら、濃厚接触者になったら、家族が陽性者になった、濃厚接触者になった、など新型コロナウイルス感染症に関することの連絡方法や自宅待機の方法についてまとめました。

  大学への連絡方法と自宅待機について

◆本学4年生の皆さんへの学生相談室カウンセラーによる電話訪問について
非対面授業中の皆さんの不安、ストレス、疑問などを少しでも解消するために、学生相談室カウンセラーが順次お電話いたします。
後期(12月~2月)の平日に、お昼休みや授業のない夕方の時間帯に電話で訪問します。
不安や疑問に感じていること、誰かに少し話してみたいと思うことなど、些細なことでも構いませんので話してみてください。
なお、電話訪問は、北16条キャンパスからは「011-736」、花川キャンパスからは「0133-74」で始まる電話番号で行いますので、予定しておいてください。

<!--$alt-->

◆ 新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者にならないために~全学生への保健センター長からのメッセージ~
 
ようやく夏休みになりました。
旅行など、いろいろな予定を立てている方もいると思いますが、感染経路のわからない感染者の情報もまだまだ減らない状況です。気を引きしめて行動してください。
保健センター長から、濃厚接触者にならないための注意メッセージが出されていますので、よく読んで、感染防止策を理解してください。

新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者にならないために
~全学生への保健センター長からのメッセージ~
 
藤女子大学保健センター長 藤井義博
 
 世界的蔓延が常態化しているwithコロナの現在、濃厚接触者にならないために理解すべき3つのポイントがあります。その第1は、濃厚接触者の定義を理解することです。発病している感染者に接触した人が濃厚接触者ではありません。感染者が発病する2日前から感染予防策なしで1メートル以内を目安に15分以上接触した人が濃厚接触者です。感染刺激を受けた後、新型コロナウイルス感染症が発病するまでには、1 ~ 14 日(平均5日程度)の潜伏期があり、とりわけ発病の2日前頃から感染性が高まるからです。
 それでは濃厚接触者にならないためにはどうしたらよいのでしょうか?この理解が第2のポイントです。それは、外出時は、①マスクをし、②3密を避け、③ものに不必要に触らず、④手洗いと消毒をしっかり行うことです。
 第3のポイントは、濃厚接触者になりやすい行動を理解することです。それは上記の①~④を実行しない行動です。とりわけ友人などとの会食が要注意です。なぜなら会食では、たとえ 症状がない会食者であっても発病する2日前の感染者であるかもしれないこと、また会食ではマスクを外すため、感染予防策なしで1メートル以内を目安に15分以上接触することになりやすいからです。会食時の感染予防策例として、京都の嵯峨美術大学が考案した手にもつマスクがあります(お箸を持たない方の手で小さなうちわを手に持ちながら食べるイメージです。話すときはこのマスクで口元を覆いながらしゃべる)。ハンカチで口元を覆うことでも代用ができます。また、会食と会話を切り離したa new lifestyleとして、無言で食事を摂りながら(食事に集中し食材の由来を想い調理の工夫を味わい)非言語コミュニケーションを活用した禅の会食作法も参考になります。このようにお互いに感染予防策を講じながら会食することが、濃厚接触者にならないために大切なことです。
 ちょっとしたことでも工夫をしてa new lifestyleを実践して行きましょう。

◆新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて(文部科学省より)

8月25日、新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて、文部科学大臣メッセージを発表しました。
 
児童生徒等や学生の皆さんへ(文部科学省webページ)

◆ 学生、教職員における感染予防と感染拡大の防止について
本学の学生及び教職員は、感染予防と感染拡大の防止に向けて、「新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応」に十分に留意して学内外での活動を行うようにしてください。特に、「湿度が高く換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場所」の三つの条件がそろう状況を徹底的に回避するよう細心の注意をはらって活動するようお願いいたします。
 
◎学生の皆様へ
毎朝検温し、配付した体調管理表に記録してください。

◆ 全学生・全教職員への保健センター長からのメッセージが発信されました。
「新型コロナウイルス感染症の蔓延に呑まれないために」
 
◆ 新型コロナウイルス感染症に罹患した場合について
本学の学生及び教職員が、万一新型コロナウイルス感染症に罹患した場合は、ただちにその旨を保健センター、または総務課に連絡してください。 また、濃厚接触者となった場合も、同様に速やかに連絡してください。
 
◆発熱、風邪症状の経過についての判断
保健センターより、新型コロナウイルス感染症と診断されていない場合において、発熱や風邪症状による登校中止の解除の3要件と症状から新型コロナウイルス感染症を疑うときの基準について示されました。
発熱、風邪症状の経過についての判断

◆感染者発生時の対応マニュアルについて
本学の学生及び教職員が、万一新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の本学の対応についてマニュアルを作成しました。

 藤女子大学新型コロナウイルス感染者発生時の対応マニュアル

 「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の登録について)
厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、利用してください。また、万が一感染者となった場合は、陽性の登録を行い、保健センターに連絡してください。

Page TOP