ご寄付のお願い

おかげさまで藤女子大学は、2011年に開学50周年を迎えました。

本学の淵源を辿りますと、1914年、当時のカトリック札幌教区長ヴェンセスラウス・キノルド司教が女子教育の担い手となる人材の派遣を故国ドイツに要請したことに遡ります。この要望に応えて、1920年北ドイツの修道院、殉教者聖ゲオルギオのフランシスコ修道会から3名の修道女が札幌に派遣され、1925年修業年限5年の札幌藤高等女学校を開校しました。

第二次世界大戦後の1947年には女子の高等教育機関を求める声に応じて藤女子専門学校を開設、学制改革により1950年、藤女子短期大学に改組いたしました。そして1961年に、道内初の女子の四年制大学として藤女子大学文学部を開設しました。更に1992年には石狩市花川の地に人間生活学部を、10年後の2002年に大学院人間生活学研究科を開設し、現在に至っています。

大学開設以来50年間の送り出した卒業生は10,000名を超え、創成期の藤女子専門学校と藤女子短期大学を合わせるとその数は33,000名余にのぼります。カトリックの精神に基づく「藤」の環境の中で培われて巣立った卒業生は、それぞれの家庭、地域、社会において、愛と奉仕の心で貢献しています。これからも本学は創立の意志を継ぎ、女性の全人的教育を使命とし、豊かな人間性と知性をもって行動する女性を育成してまいります。

さて、本学は新たな50年に向けて、さらなる教育研究環境の整備を目指しています。情報通信技術の急速な発展に即した設備の拡充をはじめ、学生・教職員の国際交流の奨励、きめ細かなキャリア支援体制の整備、奨学金制度の充実に取り組んでまいります。

経済情勢の厳しい折柄、まことに心苦しい次第でございますが、本学の充実発展のため、何卒ご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

 

学校法人 藤学園 理事長 永田 淑子
藤女子大学 学長 ハンス ユーゲン・マルクス