• HOME
  • 大学案内
  • ディプロマ・ポリシー
  • 文学部のディプロマ・ポリシー
  • 文学部のディプロマ・ポリシー

    文学部

    文学部 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    本学部の教育目的を達成するため、ディプロマ・ポリシーを次の通り定める。

    1. それぞれの専門領域において基礎的な知識と研究方法を身につけ、自ら課題を発見し、解決に必要な情報を収集・分析・統合することを通して、自らの見解を論理的にまとめることができる。(知識・理解、問題発見・解決力)

    2. 多角的な視野のもとで領域横断的な課題を発見し、解決に向かう道筋を構想することができる。(問題発見・解決力、知識・理解)

    3. 日本語を含む多様な言語と文化を深く理解し、さまざまな他者との交流・共同において、言葉による情報を的確に受容するとともに、自らの意思を的確に発信することができる。(コミュニケーション力)

    4. 社会・歴史・文化に関わる文献・情報を的確に分析し読み解くことができ、情報社会において情報の受け手および送り手として必要な倫理観と知識・技能をもって行動することができる。(情報リテラシー)

    5. さまざまな文化的、社会的な事象について、建学の理念であるキリスト教的な人間観および修得した専門的知見に基づく判断と行動によって、自律した個人として、自らの社会的責任を果たすことができる。(社会性

    英語文化学科 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    本学科の教育目的を達成するため、ディプロマ・ポリシーを次の通り定める。

    1.英語圏の言語文化の社会的・歴史的な諸相について知見を深め、それを母語への関心へと繋げるとともに、広く言語文化の基層にある問題を多角的、分析的に捉え、考えることができる。(知識・理解 分析的思考)

    2.国際的なコミュニケーション手段としての英語運用能力を身につけ、多元化する世界や自国の諸問題に他と協働して対処していくことができる。(コミュニケーション力 社会性)

    3.人文科学の文脈における普遍的問題についての理解に基づき、各専修において獲得した専門的知識を応用して、現実社会において自らが取り組むべき課題を発見、分析し、その見解を批判的、論理的な手続きに沿って展開し、日英両言語において発信することができる。(問題の発見 批判的思考 表現力)

    4.文学・文化専修においては、英語圏の文学と文化についての関心に基づく独自の研究を推進し成果をまとめることができる。(専門性)

    5.言語・コミュニケーション専修においては、英語圏を中心に言語とコミュニケーションについての関心に基づく独自の研究を推進し成果をまとめることができる。(専門性)

    日本語・日本文学科 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    本学科の教育目的を達成するため、ディプロマ・ポリシーを次の通り定める。

    1.日本の言語・文学・思想・文化に関する学びを通して、情報を収集し、読解・分析する力を身に付けることができる。(情報リテラシー)

    2.情報リテラシーを基盤に、広く日本の文化・社会の歴史的かつ現在的諸問題に取り組むことを通して、論理的かつ柔軟な思考と問題発見・解決力を身に付けることができる。(思考力)

    3.学修成果を日本語によって的確に論述することを通して、広く他に自己の見解を説得力をもって主張する力を身に付けることができる。(表現力・コミュニケーション力)

    4.日本語・日本文学専修においては、日本語と日本文学に関する独自の関心に応じた研究を推進し成果をまとめることができる。(専門性)

    5.日本文化専修においては、日本文化に関する独自の関心に応じた研究を推進し成果をまとめることができる。(専門性)

    文化総合学科 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    本学科の教育目的を達成するため、ディプロマ・ポリシーを次の通り定める。

    1.人びととの交流・協働において、多様な言語・文化を深く理解し、情報を的確に受容し、発信することができる。(コミュニケーション力)

    2.専門的な知識と研究方法を身につけ、領域横断的な課題を自ら発見し、情報や知識を論理的に分析し、総合することができる。(総合的理解力)

    3.多種多様な人間社会の在りようを研究する現代社会専修と、その背景の理解をめざす歴史・思想専修を2つの柱として、多角的な視野のもとで問題解決に必要な道筋を創造的に構想することができる。(創造的思考力)

    4.現代社会専修においては、現代の多様な社会と文化について、法学・心理学・文化人類学・国際関係論・異文化コミュニケーション論などの諸研究を通して多面的に学び、独自の関心に応じた研究を推進し成果をまとめることができる。(専門性)

    5.歴史・思想専修においては、現代の社会と文化をその成り立ちから理解するために、背景や基盤となっている歴史や思想について学び、独自の関心に応じた研究を推進し成果をまとめることができる。(専門性)