ご質問・ご連絡は
下記までお知らせ下さい。

藤女子大学キリスト教文化研究所
001−0016
札幌市北区北16条西2丁目
北16条校舎

 
     

2013年度

  • 8月3日
  • 「聖書を翻訳するということ」
  • 阿部包
  • 3月8日
  • 「アシジのクララ ― その生涯と思想」
  • Sr.木村 晶子
  • 2月22日
  • 「自己愛のパラドックス:トマス・アクィナスにおける自己愛と他者愛」
  • 松村良祐

2012年度

  • 10月27日
  • 「アリストテレスの『自己愛』について」
  • 田中亨英

2011年度

  • 7月23日
  • 「トマス・アクィナスの友愛論研究序説
     ―自己と他者の<はざま>で―」
  • 松村良祐

  • 3月17日
  • 「CMS宣教師ジョン・バチェラーが遺したもの」
  • 下田尊久

2010年度

  • 8月10日
  • 「ウィンストンと普遍史(Universal History)
     ─ ニュートン物理学とキリスト教的世界史記述 ─」
  • 岡崎勝世(埼玉大学名誉教授)

  • 3月12日
  • 「聖レオナール崇敬の創出と奇蹟(11〜14世紀)
     ─神の平和の守護聖者から十字軍士の守護聖者を経て
      救国の守護聖者へ─」
  • 小野賢一(客員所員)

  • 3月12日
  • 「Laypeople Speak: 17世紀英米ピューリタンの
     セルフ・ナラティヴの比較」
  • 宮崎妙子

2009年度

  • 6月27日
  • 「オランダにおける寛容の社会的メカニズム」」
  • 内田 博

  • 3月20日
  • 「ロマネスク柱頭論」
  • 常田益代(北海道大学)

2008年度

  • 2月20日
  • 「『ナタン預言』(サムエル記下7章)の成立」
  • 山我哲雄(北星学園大学)

  • 1月30日
  • 「アルファベット文字誕生の経緯」
  • 桑原俊一(北海学園大学)

  • 12月19日
  • 「カントの平和論再考」
  • 桝潟弘市

  • 11月29日
  • 「宗教言語とウィトゲンシュタイン」
  • 杉内峰彦

  • 7月12日
  • 「多文化関係学会北海道・東北地区研究会」とのジョイント研究会
     第1部 研究報告「津田梅子による女子高等教育開拓
      ー新渡戸稲造と妻メリーとの接点に着目してー」」
  • 渡辺崇子

  • .
  •  第2部 講演  「『赦す』 ということ 」」
  • 柊 曉生

2007年度

  • 2月2日
  • 「ガラテヤ3章4節bと信徒の危機〜新共同訳批判〜」
  • 阿部 包

  • 8月11日
  • 「ピューリタン革命と政教分離」
  • 岩井淳(静岡大学)

  • 7月14日
  • 「メソポタミア文明5000年の地における水資源争奪」
  • 小林三樹

  • 5月19日
  • 「北海道の女子教育の曙とキリスト教」
  • 下田尊久

2006年度

  • 2月 1日
  • 「カントの平和論ー続編」
  • 桝潟弘市

  • 12月20日
  • 「中世後期の列聖手続き」
  • 渡邉 浩

  • 7月21日
  • 「創造論とID (インテリジェント・デザイン)」
  • 小柳義夫(客員所員)

  • 6月30日
  • 「食べてはいけない(旧約)から取って食べなさい(新約)へ」
  • 柊曉生

2005年度

  • 3月 8日
  • 「聖トマスにおける善とPAXの連関
     ―あるいは『沈黙の言語』―」
  • 花井一典(北大)

  • 2月 9日
  • 「キリシタン時代の無事・平安の一面」
  • 松岡洸司(上智)

  • 1月21日
  • 「オランダにおける非暴力の思想:H.R.ホルスト」
  • 内田博

  • 1月21日
  • 「新約聖書における平和」
  • 阿部包

  • 11月26日
  • 「インマヌエル・カントの平和論」
  • 枡潟弘市

  • 11月26日
  • 「中世ヨーロッパにおける神の平和運動」
  • 渡邉浩

  • 9月16日
  • 「ニコラウス・クザーヌスの寛容思想」
  • 八巻和彦(早大)

  • 9月13日
  • 「アッシジの聖フランシスコ『平和の祈り』の由来」
  • 木村晶子

  • 8月 4日
  • 「旧約聖書のシャローム―そのギリシア語訳―」
  • 柊曉生

2004年度

  • 3月 5日
  • 「キリスト教と生命倫理」
  • 堀井泰明(天使大学教授)

  • 6月19日
  • 「パウロにおけるピスティスの構造」
  • 阿部包

2003年度

  • 3月24日
  • 「トマスによる世界の永遠性」
  • 木村晶子

  • 11月22日
  • 「現代における超越の復権可能性/聖トマスに拠りながら」
  • 花井一典(北海道大学助教授)

  • 10月18日
  • 「カント-超越論的哲学への道-」
  • 桝潟弘市

  • 6月21日
  • 「古代イスラエル史研究の最近の争点から」
  • 山我哲雄(北星学園大学教授)

  • 5月24日
  • 「エジプトのキリスト教」
  • 小林三樹

2002年度

  • 3月17日
  • 「ヨセフの夢:創世記37章」
  • 柊曉生

  • 11月2日
  • 「モンテッソリ教育研究:研究経過報告と課題」
  • 甲斐仁子

  • 6月21日
  • 「北海道のカトリックの歴史」
  • 仁多見巌(北海道キリスト教史研究会会長)

2001年度

  • 11月8日
  • 「アウグスティヌスにおける二つの国の理念」
  • 加藤信朗(都立大学名誉教授)

  • 10月26日
  • 「キリシタン資料における『大切』と『愛』」
  • 漆崎正人

  • 5月18日
  • 「オリエント文学におけるドゥムジ(Dumuzi)哀歌」
  • 桑原俊一(北海学園大学教授)

2000年度

  • 3月17日
  • 「Jヒックの宗教的多元主義」
  • 杉内峰彦

  • 12月2日
  • 「列聖手続きと教皇権」
  • 渡邉浩

  • 5月13日
  • 「パウロ研究の大きな推移および枠組み」
  • 阿部包

1999年度

  • 3月11日
  • 「レオンハルト・ラガーズにおける神の国とキリスト教社会運動」
  • 内田博

  • 11月6日
  • 「中世修道院の奇跡物語」
  • 杉崎泰一郎

  • 6月26日
  • 「モーセ五書研究の現在の問題」
  • 柊曉生

 

Copyrights (c) 2005 FUJI WOMEN'S UNIVERSITY Allrights reserved.