藤女子大学キリスト教文化研究所 第20回公開講演会のご案内

 今年度は一昨年に続いて月本昭男氏(上智大学特任教授、オリエント学・旧約学・聖書考古学等)をお招きして、「『出エジプト記』伝承の史実性とその思想的意義」という演題でご講演いただきます。氏には『ギルガメシュ叙事詩』(岩波書店、1996年)、『古代メソポタミアの神話と儀礼』(岩波書店、2010年)、『詩編の思想と信仰』(T〜W、新教出版社、2003年〜2013年)、『この世界の成り立ちについて―太古の文書を読む―』(ぷねうま舎、2014年)をはじめ、膨大な著作があります。この講演を機会に、みなさまが出エジプト記の意義を把握し、今後の豊かな学びの一助としてお役立てくださるよう期待しております。
 お時間がございましたら、友人・知人お誘い合わせて、どうぞご参加ください。

題 目:聖書に学ぶ―『出エジプト記』伝承の史実性とその思想的意義
講演者:月本 昭男(つきもと あきお) 氏
   (上智大学特任教授・立教大学名誉教授、日本オリエント学会前会長、日本旧約学会前会長、ご専門はオリエント学・旧約学・聖書考古学等)
日 時:2017年9月14日(木)13時30分〜15時15分(13時開場)
場 所:藤女子大学 北16条校舎(地下鉄南北線「北18条駅」下車徒歩5分)
入場料:無料
 *事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越しください。
 *駐車場の用意はありません。ご来場には公共交通機関をご利用ください。
主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所
問合せ:藤女子大学総務課(代表) 011(736)0311

*チラシはこちらからご覧いただけます。



《過去のお知らせ》


藤女子大学キリスト教文化研究所 第19回公開講演会と「秋の公開講座」のご案内

藤女子大学キリスト教文化研究所では、次のように公開講演会と公開講座を開催いたします。友人・知人お誘い合わせのうえ、どうぞご参加ください。

◇ 第19回公開講演会 -世界の古典「聖書」-
演 題:「旧約と新約をつなぐもの。信仰と約束の継承について」
演 者:阿部 包 氏
   (藤女子大学キリスト教文化研究所所長、日本新約学会・カトリック神学会・日本 基督教学会・日本宗教学会等 会員)
日 時:2016年10月8日(土)
    13時30分(13時開場)〜15時30分(予定)
場 所:藤女子大学 北16条校舎(地下鉄南北線「北18条駅」下車徒歩5分)
入場料:無料
 *事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越しください。
 *駐車場の用意はありません。ご来場には公共交通機関をご利用ください。
主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所
問合せ:藤女子大学総務課(代表) 011(736)0311


◇秋の公開講座 -教会と音楽-
テーマ:「パイプオルガンに親しむY」
講 師:大野敦子 氏 (カトリック北一条教会オルガニスト)
日 時:2016年10月29日(土)
    14時00分〜15時30分
場 所:藤女子大学 北16条校舎(地下鉄南北線「北18条駅」下車徒歩5分)
入場料:無料
 *事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越しください。
 *駐車場の用意はありません。ご来場には公共交通機関をご利用ください。
主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所



藤女子大学キリスト教文化研究所 第18回公開講演会のご案内

今年度は月本昭男氏(上智大学特任教授・立教大学名誉教授)をお招きして、「聖書に学ぶ―創世記に見る人類太古の物語の現代的意義―」という演題でご講演して頂きます。
お時間がございましたら、友人・知人お誘い合わせて、どうぞご参加ください。

題 目:聖書に学ぶ―創世記に見る人類太古の物語の現代的意義―
講演者:月本(つきもと) 昭男(あきお) 氏 (上智大学特任教授・立教大学名誉教授)
場 所:藤女子大学北16条キャンパス(地下鉄南北線「北18条駅」下車、徒歩5分)
日 時:9月18日(金)13時30分〜15時15分(13時開場)
入場料:無料
 

*事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越しください。
*駐車場の用意はありません。ご来場には公共交通機関をご利用ください。

主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所

後 援:札幌市教育委員会・朝日新聞社・北海道新聞社・読売新聞社・毎日新聞社
お問い合わせ:藤女子大学総務課  011(736)0311


公開講演会のチラシは、こちらでご覧いただけます)(PDF形式)


藤女子大学キリスト教文化研究所 秋の公開講座「協会と音楽」のご案内

テーマ:「パイプオルガンに親しむV」
演奏:大野(おおの) 敦子(あつこ) 氏 (カトリック北一条教会オルガニスト)
場 所:カトリック北一条教会
     札幌市中央区北1条東6丁目
    (地下鉄東西線「バスセンター駅」10番出口より徒歩3分)
日 時:10月3日(土)14時00分〜15時30分
入場料:無料



カトリック北一条教会主催
第18回カテドラルコンサート「吉村怜子オルガンリサイタル」
演奏:吉村(よしむら) 怜子(さとこ) 氏
場 所:カトリック北一条教会BR>      札幌市中央区北1条東6丁目
    (地下鉄東西線「バスセンター駅」10番出口より徒歩3分)
日 時:10月17日(土)14時30分(開場)15時00分(開演)
入場料:1000円


コンサートのチラシは、こちらでご覧いただけます)(PDF形式)

お問い合わせ:藤女子大学総務課  011(736)0311



※以下の行事は終了しております。


藤女子大学キリスト教文化研究所 第17回公開講演会のご案内

今年度は日本旧約学会会長の山我哲雄氏(北星学園大学教授・旧約学者)をお招きして、「聖書に学ぶ」という演題で旧約聖書の歴史観についてご講演して頂きます。氏には『聖書時代史−旧約篇』(岩波現代文庫、2003年)、『海の奇蹟−モーセ五書論集』(聖公会出版、2012年)、『一神教の起源−旧約聖書の「神」はどこから来たのか』(筑摩選書、2013年)、『キリスト教入門』(岩波ジュニア新書、2014年)をはじめとして、膨大な著作があります。この講演を機会に、みなさまが旧約聖書の歴史観をしっかりと把握し、今後の豊かな学びの一助としてお役立てくださるよう期待しております。
お時間がございましたら、友人・知人お誘い合わせて、どうぞご参加ください。


題 目:聖書に学ぶ―旧約聖書の歴史観〜特にいわゆる申命記史書の歴史神学をめぐって

講演者:山我(やまが) 哲雄(てつお) 氏 (北星学園大学教授、旧約学者、日本旧約学会会長)

日 時:7月4日(土)13時30分〜15時15分(13時開場)

入場料:無料
 
*事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越しください。
*駐車場の用意はありません。ご来場には公共交通機関をご利用ください。

主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所

後 援:札幌市、札幌市教育委員会

お問い合わせ:藤女子大学総務課  011(736)0311



藤女子大学キリスト教文化研究所 秋の公開講座のご案内

 秋の公開講座の第T部では、7月の公開講演会に引き続き、聖書学者の和田幹男氏が『詩編』についてお話ししてくださいます。
「祈り」は私たち人類共通の営みであり、私たちの心の叫びです。「祈り」の古典的な書である『詩編』研究の第一人者が、『詩編』の魅力と「祈り」の意味を熱く語ります。

また、第U部では、カトリック北一条教会オルガニストの大野敦子氏が、オルガンの楽曲をより楽しく、深く味わえるヒントをお話ししてくださいます。今回は講座の会場が北一条教会に移ります。オルガンの音色にじかに触れながら講座をお楽しみください。

  皆さまのご来聴をお待ちしております。


第T部 世界の古典「聖書」

テーマ:聖書に学ぶ 「神よ、わたしを憐れんでください。― 改悛の7つの詩編(6、32、38、51、102、130、143)」
講 師:和田 幹男 氏 
    大阪大司教区司祭、日本カトリック神学院、聖書学者
    『創世記を読む』(筑摩書房、1990年)
    『聖パウロ その心の遍歴』(女子パウロ会、1996年)
    『死海文書 聖書誕生の謎』(ベストセラーズ、2010年)など、著書多数。
日 時:2014年9月6日(土) 13時30分〜15時
場 所:藤女子大学16条キャンパス
入場料:無料

第U部 教会と音楽
テーマ:パイプオルガンに親しむ IV
講 師:大野 敦子 氏 (カトリック北一条教会オルガニスト)
日 時:11月8日(土)14時〜15時30分
場 所:カトリック北一条教会(札幌市中央区北1条東6丁目)
    地下鉄東西線バスセンター前駅 10番出口より徒歩3分
    ※公共交通機関をご利用願います。
入場料:無料

チラシはこちらからご覧いただけます。



第16回公開講演会のご案内

演 題:「聖書に学ぶ −神よ、なぜわたしをお見捨てになるのか(詩編22)−」
講演者:和田 幹男氏(日本カトリック神学院 大阪教区司祭 聖書学者)

日 時:2014年7月19日(土)
開 場:13:00
開 演:13:30(15:30終了予定)
場 所:藤女子大学 北16条校舎(地下鉄南北線「北18条駅」下車徒歩5分

※ 入場無料

「第15回 公開講演会」のご案内 

テーマ 『聖書に学ぶ  ― 信じること、疑うこと ― 』

講 師  
雨宮慧氏(上智大学教授・東京教区司祭・聖書学者)

日 時: 7月13日(土)1400分〜1530

場 所: 藤女子大学北16条キャンパス

入場料: 無料

今年は上智大学教授の雨宮慧氏にご講演をして頂きます。氏は「NHKこころの時代 旧約聖書を語る」(2004年4月〜05年3月放送)に於いて、「旧約聖書」に描かれた人々の生の苦悩と格闘の意味を読み解くことを通して、現代人が抱える問題に対する理解を探っておられます。旧約・新約の聖書の世界に、弱く限りある私たち人間の生きる糧を探し求めておられます。また、聖書を通しての現代社会の「人間の救い」をキリスト教と他宗教との関連のなかで問い返しておられます。現代における世界の古典、『聖書』の意味を豊かな知見と深い洞察をもって読み解いておられます。『福音書のことば:旧約聖書から読み解く』(NHKリーズ、NHKこころの時代 : 宗教・人生) 、日本放送協会、2010年、ほか多数のご著書があります。

主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所    (http://dept.fujijoshi.ac.jp/fcs)
後 援:札幌市、札幌市教育委員会、朝日新聞北海道支社、北海道新聞社、
読売新聞北海道支社、毎日新聞北海道支社 

お問い合わせ: 藤女子大学総務課       011(736)0311




ご来場の皆様にこころより感謝申し上げます

「秋の公開講座」のご案内


第T部では、門脇佳吉氏にお話しいただきます。7月の公開講演会と同様「聖書に学ぶ」が共通テーマです。また、第U部では、昨年に引き続き、大野敦子氏に「パイプオルガンに親しむ」をテーマにお話しをいただきます。実際に、パイプオルガンの演奏を鑑賞する機会も持ちます。皆様のご参加をこころよりお待ちしております。

第T部
テーマ 『聖書に学ぶ ― 創造における聖霊の母的な活き(「創世記」第一章)― 』
講 師  門脇 佳吉 氏
日 時: 9月15日(土)
14時30分〜16時
場 所:藤女子大学北16条キャンパス
入場料:無料

第U部
テーマ 『パイプオルガンに親しむU』
講 師  大野 敦子 氏 (カトリック北一条教会オルガニスト)

第1回 9月22日(土)「キリスト教とオルガン音楽」
場 所:藤女子大学北16条キャンパス
時 間:14時〜15時30分
入場料:無料

第2回 9月29日(土) 北一条教会カテドラルコンサート「アヴェマリアの祈り」を
鑑賞
※カトリック北一条教会では、年に2回程度カテドラルコンサートを開催しており、今回は第13回目のコンサートとなります。
場 所:カトリック北一条教会
   札幌市中央区北1条東6丁目(地下東西線バスセンター駅10番出口より徒歩5分)
時 間:15時30分開場、16時開演
※時間については、当初14時30分開場、15時開演を予定しており、チラシ等においてもそのようにご案内しておりましたが、都合により1時間繰り下げて行われることになりました。お詫び申し上げます。
入場料:この回のみ入場料(1000円)がかかります。




藤女子大学キリスト教文化研究所 第14回公開講演会のご案内

題 目:聖書に学ぶ −私たちの体は聖霊の神殿です(聖パウロ)−

講演者:門脇 佳吉 氏
上智大学名誉教授、カトリック司祭、宗教学者、哲学者
『公案と聖書の身読』(春秋社、1977年)
本書は英、独、仏、伊、西、露など10カ国語以上に翻訳されています。
『道の形而上学−芭蕉・道元・イエス』(岩波書店、1990年)
『『正法眼蔵』参究−道の奥義の形而上学』(岩波書店、2008年)
『パウロの「聖霊による聖書解釈」』(知泉書館、2010年)
『パウロの中心思想−霊の息吹の形而上学』(教文館、2011年)
イグナチオ・デ・ロヨラ著、門脇佳吉訳・解説『霊操』(岩波文庫2000年)
ほか、多数。

日 時:2012年7月7日(土)
    15時〜16時30分(14時30分開場)
場 所:藤女子大学北16条校舎(751教室)
 *交通アクセスについてはこちらをご覧ください。
 *駐車場の用意はありません。ご来場には公共交通機関をご利用ください。
入場料:無料 
*事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越しください。

主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所    (http://dept.fujijoshi.ac.jp/fcs)
後 援:札幌市、札幌市教育委員会、朝日新聞北海道支社、北海道新聞社、
読売新聞北海道支社、毎日新聞北海道支社 

お問い合わせ:藤女子大学総務課       011(736)0311

 *チラシはこちらからご覧いただけます。





藤女子大学キリスト教文化研究所 第13回公開講演会のご案内

題 目:エジプトを生きるイスラーム教徒とコプト・キリスト教徒

講演者:大稔 哲也 氏
  東京大学大学院人文社会系研究科准教授
  専攻:西アジア史、中東社会史
  「ムスリムの『参詣の書』より ―エジプトの参詣案内記― 」『説話・伝承学』(第
  18号、2010年)、『民衆のイスラーム ―スーフィー・聖者・精霊の世界― 』(共
  著、山川出版社、2008年)など。

日 時:2011年10月1日(土)
    15時〜16時30分(14時30分開場)
場 所:藤女子大学北16条校舎(755・756講義室)
*交通アクセスについてはこちらをご覧ください。
*駐車場の用意はありませんので、ご来場には公共交通機関をご利用下さい。
入場料:無料
 *事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越しください。

主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所    (http://dept.fujijoshi.ac.jp/fcs)
後 援:札幌市、札幌市教育委員会、朝日新聞北海道支社、北海道新聞社、
    読売新聞北海道支社、毎日新聞北海道支社 

お問い合わせ:藤女子大学総務課
       011(736)0311
*チラシはこちらからご覧ください。




藤女子大学キリスト教文化研究所 公開講座のご案内

 今回は少し趣向を変えてオルガンをテーマに公開講座を開催いたします。最初の2回の講座でオルガンの仕組みや歴史を学び、3回目にはカトリック北一条教会の「カテドラルコンサート」に出かけ、実際にパイプオルガンの演奏を鑑賞します。どうぞご参加ください。

テーマ  『パイプオルガンに親しむ』
講 師  大野 敦子 氏 (カトリック北一条教会オルガニスト)

第1回 2011年6月18日(土) パイプオルガンとは?
第2回      6月25日(土) オルガニストとその時代

会場:藤女子大学北16条キャンパス 656教室(560教室より変更になりました)
    札幌市北区北16条西2丁目(地下鉄南北線 北18条駅下車 徒歩5分)
時間:14時〜15時30分

第3回 7月 2日(土) 北一条教会 第10回カテドラルコンサート
              「トランペットとオルガンの響き」
    ※リサイタル終了後、オルガンを見学します。

演奏:前川 和弘(札幌交響楽団トランペット奏者)
   大野 敦子
会場:カトリック北一条教会
   札幌市中央区北1条東6丁目(地下東西線バスセンター駅10番出口より徒歩3分)
時間:14時30分開場、15時開演

受講料:第1回目、第2回目 無料
     第3回目のみ入場料として1000円かかります。


※事前申し込みは必要ありませんので直接お越しください。一部の回の参加も可能です。
※第1・2回目と第3回目では時間と会場が異なります。お間違えのないようご注意ください。
※駐車場はございませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用下さい。

                           
藤女子大学キリスト教文化研究所

藤女子大学キリスト教文化研究所 第12回公開講演会のお知らせ

題 目:歴史における科学とキリスト教
講演者:村上 陽一郎 氏
    東洋英和女学院大学学長、東京大学名誉教授、国際基督教大学名誉教授
    専攻:科学史、科学哲学

    『人間にとって科学とは何か』(新潮社、2010年)、『科学史からキリスト教を
     みる』(創文社、2003年)、『近代科学と聖俗革命』(新曜社、2002年)
     など、著書・訳書多数。

日 時:2010年10月2日(土)
  開場 14:30
  開演 15:00
会 場:藤女子大学北16条校舎(755・756講義室)
    (地下鉄南北線 北18条駅下車 徒歩5分)
 *交通アクセスについてはこちらをご覧ください。
 *駐車場の用意はありませんので、ご来場には公共交通機関をご利用下さい。

入場料:無料
 *事前申し込みの必要はありません。直接会場にお越しください。

主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所
後 援:札幌市、札幌市教育委員会、朝日新聞北海道支社、北海道新聞社、読売新聞北海
    道支社、毎日新聞北海道支社

お問い合わせ:藤女子大学総務課 011−736−0311
 *チラシはこちらからご覧ください。
藤女子大学キリスト教文化研究所 2009年度公開講演会のお知らせ

題 目:楽しい聖書
講演者:阿刀田高氏(作家、日本ペンクラブ会長)

『ナポレオン狂』(第81回直木賞受賞)、『ギリシア神話を知っていますか』、『旧約聖書を知っていますか』、『新トロイア物語』(第29回吉川英治文学賞受賞)、『コーランを知っていますか』など、著書多数。

日 時:2009年7月18日(土)
14時〜15時30分(13時30分開場、14時開演)
場 所:藤女子大学北16条校舎(755・756講義室)
    (地下鉄南北線 北18条駅下車 徒歩5分)
入場料:無料
問い合わせ:藤女子大学総務課 011(736)0311

主 催:藤女子大学キリスト教文化研究所
後 援:札幌市、札幌市教育委員会、北海道新聞社、読売新聞北海道支社、朝日新聞北海道支社、毎日新聞北海道支社 

※駐車場の用意はありませんので、ご来場には公共交通機関をご利用下さい。
2009年度公開講座のご案内

※公開講座は終了いたしました。
第T部 桝潟弘市「平和論の諸相」
 5月23日(土) 戦争容認論の諸相
 5月30日(土) 絶対平和論の諸相

第U部 阿部 包「パウロ年を記念して」
 6月 6日(土)パウロは律法をどう捉えたか
 6月13日(土)旧約聖書を読むパウロ

場所 : 藤女子大学北16条キャンパス 752教室
    (地下鉄南北線 北18条駅下車 徒歩5分)
時間 : 14:00〜15:30
入場 : 無料(事前申し込みは必要ありませんので直接お越しください)
   ※一部の回の参加も可能です。
第三回学術懇話会は終了しました。
「ミクロの動機とマクロの経済減少の安定性−経済学の隣接分野を意識して−」
猪木武徳(国際日本文化研究センター所長)
3月20日午後3時半 北16条キャンパス553教室

終了「『ナタン預言』(サムエル記下7章)の成立」山我哲雄
2月20日午後4時30分 北16条キャンパス553教室 

終了:「アルファベット文字誕生の経緯」桑原俊一
1月30日午後4時半 北16条キャンパス553教室 

終了:「カントの平和論再考」 桝潟弘市
12月19日午後4時30分 北16条キャンパス新館553教室  

終了:「宗教言語とウィトゲンシュタイン」 杉内峰彦
11月29日午後2時  北16条キャンパス新館553教室  

「多文化関係学会北海道・東北地区研究会」とのジョイント研究会は終了しました。7月12日(土曜)15:00-17:20 北16条キャンパス458教室

第1部 研究報告(15:00〜15:50)「津田梅子による女子高等教育開拓ー新渡戸稲造と妻メリーとの接点に着目してー」(渡辺崇子)
第2部 講演(16:00〜17:15)「『赦す』 ということ 」(柊暁生)

今年度の公開講座「キリスト教と平和」は終了しました。

終了6月 7日(土)「旧約聖書における平和」   (柊曉生)
終了6月14日(土)「新約聖書における平和」   (阿部包)
終了6月21日(土)「中世ヨーロッパにおける平和」(渡邉浩)
終了6月28日(土)「カントにおける永遠平和」  (桝潟弘市)

『キリスト教と人権思想』(サンパウロ社 2008年4月)刊行

日本カトリック大学キリスト教文化研究所連絡協議会設立20周年を記念して、「キリスト教と人権思想」に関する論文集ー11名の執筆人によるーが刊行されました。昨年度、本学での公開講演「人権と人道」(樋口陽一)も収められています。

『平和の思想―キリスト教からの再考察―』 (リトン社 2008年3月)刊行

日本カトリック大学学術奨励「研究助成」による藤女子大学キリスト教文化研究所共同研究「平和の思想―キリスト教からの再考察―」の成果が論集にまとめられ、3月末に出版社リトンより出版されました。

*****************************

「毎月の教会博士」(イクテュース)はこちらからご覧いただけます。