• HOME
  • 入試案内
  • 社会人入学試験
  • 社会人入学試験

    2019年度 社会人入学試験 (抜粋)

    英語文化学科/日本語・日本文学科/文化総合学科/人間生活学科/食物栄養学科/保育学科

    実施学科および募集人員
    実施学部・学科 募集人員
    文学部 英語文化学科 若干名
    日本語・日本文学科 若干名
    文化総合学科 若干名
    人間生活学部 人間生活学科 若干名
    食物栄養学科 若干名
    保育学科 若干名
    出願資格

    2019年(平成31年)4月1日現在、次のいずれか一つに該当し、5年以上経過している女性とします。
    ただし、出願時において、他の高等教育機関に在籍している場合は、出願資格がありません。

    (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者。
    (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者。
    (3)高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる次のいずれか一つに該当する者。
    ・外国において、学校教育における12年の課程を修了した者。
    ・文部科学大臣が高等学校の課程に相当する課程を有するものとして指定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
    ・文部科学大臣の指定した者。
    ・文部科学大臣が行う高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)に合格した者。
    ・その他、相当の年齢に達し、本学が高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。

    出願手続

    (1) 出願書類および入学検定料

    (a)入学願書 本学所定の用紙に写真を貼り付けたもの。
    (b)履歴書 書式は自由
    (c)最終出身校の卒業証明書、または応募資格条件を満たしていることを証明する書類 高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)合格者は「合格成績証明書」を提出してください。
    (d)出願理由書 書式は自由
    (e)入学検定料 30,000円

    ・身体に障がいがあり、受験上及び修学上特別な配慮を必要とする場合、
     出願に先立って必ず入試課へご相談ください。

    選考方法
    英語文化学科 書類審査・面接・英語基礎学力試験によって合格者を決定します。
    (英検2級以上の学力を持っていることがのぞましい。)
    日本語・日本文学科 小論文・面接によって合格者を決定します。
    文化総合学科
    人間生活学科
    食物栄養学科
    書類審査・面接・小論文によって合格者を決定します。
    保育学科 面接・小論文によって合格者を決定します。
    入学試験
    (1) 時間割

    英語文化学科

    〜9:50 集合
    9:50〜10:00 受験前の注意
    10:00〜11:20 英語基礎学力試験
    12:30〜 面接

    日本語・日本文学科

    〜9:50 集合
    9:50〜10:00 受験前の注意
    10:00〜12:00 小論文
    13:00〜 面接

    文化総合学科/人間生活学科/食物栄養学科/保育学科

    〜9:50 集合
    9:50〜10:00 受験前の注意
    10:00〜11:30 小論文
    12:30〜 面接

    ・ 試験場へは午前9時より入ることができます。

    (3) 試験場
    英語文化学科
    日本語・日本文学科
    文化総合学科
    藤女子大学北16条キャンパス
    (札幌市北区北16条西2丁目)
    人間生活学科
    食物栄養学科
    保育学科
    藤女子大学花川キャンパス
    (石狩市花川南4条5丁目)
    (4) 合格発表

    合格者は本学構内〈北16条キャンパスおよび花川キャンパス〉に受験番号を掲示し、
    同時に書面をもって本人に通知します。
    (合格通知書は当日速達で郵送します。地域や郵便事情によって、2~3日を要する場合もあります。)
    不合格通知書は送付いたしません。
    合格発表に関する電話等の問い合わせには一切応じません。
    合否確認の補助的な手段として、本学ホームページ上に合格者受験番号一覧を掲載いたします。
    (掲載期間は、合格発表日午前10時よりおおむね一週間とします。)

    合格者への課題

    食物栄養学科では、社会人入学試験合格者に「指定された課題」を提出していただきます。
    期限までに作成し、提出方法に従って提出してください。入学手続時に資料代等実費の徴収があります。

    出願に当たっては、入試要項で再度必ずご確認ください。