学部・学科・課程
  • 文学部
  • 英語文化学科
  • 日本語・日本文学科
  • 文化総合学科
  • 人間生活学部
  • 人間生活学科
  • 食物栄養学科
  • 保育学科
  • 大学院
  • 人間生活学専攻
  • 食物栄養学専攻
  • 課程
  • 図書館情報学課程
  • 日本語教員養成課程
基準協会マーク

岡崎 由佳子

<!--$alt-->

岡崎 由佳子 准教授
Yukako Okazaki

■所属学科:人間生活学科
■研究室: 462
■オフィスアワー: 木曜日13:00~14:30,金曜日
午前中(その他,在室中は随時対応します)

専門分野

食物学

研究テーマ

食品成分が糖・脂質代謝と腸内環境に及ぼす影響
家庭科教育の食領域における学習内容の検討に関する研究

自己紹介

食物関係の講義を担当しております。講義では、食べ物と体との関係、生活リズムとの関係、社会環境および自然環境との関係などを考えながら、自らの食生活を構築できるような取り組みを行なっていきたいと考えています。
さらに、家庭科教育における食領域の学習内容についてもあわせて考察していきたいと思っています。

講義・演習

食環境論

今日の食に関する問題は複雑、多岐にわたっています。講義では、自然環境や社会環境の変化と現代の食生活との関係について学び、そこから生じてくる問題を見つけ出していきます。この過程を通じて、食生活の実践や家庭科食領域における教育実践への応用について考察します。

食物の科学

この講義では、主に食品の成分と材料について経済的な視点を取り入れながら学び、食品の基礎的知識を習得していきます。また、家庭科食領域における学習内容への応用についても検討していきます。

食生活栄養論

栄養という現象を理解した上で、乳児期、幼児期、学童期、思春期、成人期および高齢期といったそれぞれのライフステージに応じた栄養を学んでいきます。また、家庭科教育の食領域における各栄養素の学習内容について考察していきます。

食物学実験

お米、小麦粉、野菜や果物といった身近な食品材料を使用し、それらに含まれている主要成分の定性・定量実験を行うことで、食品の基本的な性質を理解していきます。また、家庭科教育の食領域における実験内容のあり方についても考察していきます。

調理学実習

高校までに学んだ調理の知識や技術を、調理科学や食文化の観点から捉え直し、これからの食生活における調理の意義を考えます。また将来、中学校・高等学校の家庭科教員を目指す人たちが、現場で調理実習を実施するために必要な能力を身につけていきます。

テーマ研究A

大学1年から4年に至るまで各人がそれぞれについて学んできた専門知識や技能を互いに関連づけて人間生活の質的向上(QOLの追求)をめざし総合化していくための演習です。これぞ人間生活学科の学びの完成です。

人間生活学研究演習・卒業研究演習

3年生では、卒業研究の準備として、食物領域に関連する文献の購読と討論を行います。4年生では、各自の研究テーマに沿って卒業研究を行うことで、研究の計画、研究の遂行、論文作成および研究発表を行う能力を身につけることを目標とします。

主な業績

主な論文

1. Okazaki Y, Chiji H and Kato N “Protective effect of dietary lily bulb on dextran sulfate sodium-induced colitis in rats fed a high-fat diet” J. Nutr. Sci. Vitaminol. (2016), in press

2. Sekita A, Okazaki Y and Katayama T “Dietary phytic acid prevents fatty liver by reducing expression of hepatic lipogenic enzymes and modulates gut microflora in rats fed a high-sucrose diet” Nutrition (2016), in press

3. Okazaki Y, Sekita A, Chiji H and Kato N “Consumption of lily bulb modulates fecal ratios of Firmicutes and Bacteroidetes phyla in rats fed a high-fat diet” Food Sci. Biotech. (2016), in press

4. Yang Y, Sitanggang NV, Kato N, Inoue J, Murakami T, Watanabe T, Iguchi T and Okazaki Y “Beneficial effects of protease preparations derived from Aspergillus on the colonic luminal environment in rats consuming a high-fat diet” Biomed Rep. 3, 715-720 (2015)

5. Okazaki Y and Katayama T “Dietary phytic acid modulates characteristics of the colonic luminal environment and reduces serum levels of proinflammatory cytokines in rats fed a high-fat diet” Nutr. Res. 34, 1085-1091 (2014),  

6. Osaki A, Okazaki Y, Kimoto A, Izu H and Kato K “Beneficial effect of low dose of ethanol on liver function and serum urate in rats fed a high-fat diet” J. Nutr. Sci. Vitaminol. 60, 408-12 (2014) 

7. Haraguchi T, Kayashima T, Okazaki Y, Inoue J, Mineo S, Matsubara M, Sakaguchi E, Yanaka N, and Kato N “Cecal succinate elevated by some dietary polyphenols may inhibit colon cancer cell proliferation and angiogenesis” J. Agric. Food Chem., 62, 5589-5594 (2014)

8. Okazaki Y, Fukuda E, Chiji H and Kato N “Edible lily bulb modulates colonic barrier functions, microflora and fermentation in rats fed a high-fat diet” J. Nutrition Health Food Sci., 2, 1-7 (2014)

9. Okazaki Y, Sitanggang NV, Sato S, Ohnishi N, Inoue J, Iguchi T, Watanabe T, Tomotake H, Harada K, and Kato N “Burdock fermented by Aspergillus awamori elevates cecum bifidobacterium, and reduces fecal deoxycholic acid and adipose tissue weight in rats fed a high-fat diet” Biosci. Biotech. Biochem., 77, 53-57 (2013)

10. Utama Z, Okazaki Y, Tomotake H, Kato N “Tempe Consumption Modulates Fecal Secondary Bile Acids, Mucins, Immunoglobulin A, Enzyme Activities, and Cecal Microflora and Organic Acids in Rats” Plant Foods for Human Nutr., 68, 177-183 (2013)

11. Okazaki Y, Utama Z, Suidasari S, Zhang P, Yanaka N, Tomotake H, Sakaguchi E and Kato N“Consumption of vitamin B6 reduces fecal ratio of lithocholic acid to deoxycholic acid, a risk factor for colon cancer, in rats fed a high-fat diet” J. Nutr. Sci. Vitaminol., 58, 366-370 (2012)

12. Masisi K, Suidasari S, Zhang P, Okazaki Y, Yanaka N, Kato N “Comparative study on the responses of concentrations of B6-vitamers in several tissues of mice to dietary level of pyridoxine” J. Nutr. Sci. Vitaminol., 58, 446-451 (2012)

13. Okazaki Y, Tomotake H, Tsujimoto K, Sasaki M, and Kato N “Consumption of a resistant protein, sericin elevates fecal immunoglobulin A, mucins, and cecal organic acids in rats fed a high-fat diet” J. Nutr. 141, 1975-1981 (2011)

14. Kayashima T, Tanaka K, Okazaki Y, Mtsubara K, Yanaka N and Kato N “Consumption of vitamin B6 reduces colonic damage and protein expression of HSP70 and HO-1, the anti-tumor targets, in rats exposed to 1,2-dimethylhydrazine” Oncology Letters 2, 1243-1246 (2011)

15. Okazaki Y, Kakehi S, Xu Y, Tsujimoto T, Sasaki S, Ogawa H and Kato N “Consumption of sericin reduces serum lipids, ameliorates glucose tolerance and elevates serum adiponectin in rats fed a high-fat diet” Biosci. Biotech. Biochem. 74, 1534-1538 (2010)

16. Okazaki Y, Han Y, Kayahara M, Watanabe W, Arishige H and Kato N “Consumption of Curcumin Elevates Fecal Immunoglobulin A, an Index of Intestinal Immune Function, in Rats Fed a High-Fat Diet” J. Nutr. Sci. Vitaminol., 56, 68-71 (2010)

17. Han Y,, Haraguchi H, Iwanaga S, Tomotake T, Okazaki Y, Mineo S, Moriyama A, Inoue J and Kato N “Consumption of Some Polyphenols Reduces Fecal Deoxycholic Acid and Lithocholic Acid, the Secondary Bile Acids of Risk Factors of Colon Cancer” J. Agric. Food Chem., 57, 8587–8590 (2009)

18. Okazaki Y and Katayama T “Dietary inositol hexakisphosphate, but not myo-inositol, clearly improves hypercholesterolemia in rats fed casein-type amino acid mixtures and 1,1,1-trichloro-2,2-bis (p-chlorophenyl) ethane” Nutr. Res. 28, 714-721 (2008)

19. 岡崎 由佳子「食物学講義における授業改善と大学生の授業内容の理解度及び日常の食生活の関連-「出席カード」における自由記述の分析を通して-」家庭科・家政教育研究 2,63-70(2007)

20. Okazaki Y, Setoguchi T and Katayama T “Effects of dietary myo-inositol, D-chiro-inositol and L-chiro-inositol on hepatic lipids with reference to the hepatic myo-inositol status in rats fed on 1,1,1-trichloro-2,2-bis (p-chlorophenyl) ethane” Biosci. Biotech. Biochem. 70, 2766-2770 (2006)

21. Kayashima T, Okazaki Y, Katayama T, Hori K “Dietary lectin lowers serum cholesterol and raises fecal neutral sterols in cholesterol- fed rats” J. Nutr. Sci. Vitaminol., 51, 343-348(2005)

22. 岡崎由佳子, 片山徹之「DDTによる肝臓脂質蓄積抑制に及ぼす食餌米糠水可溶物,フィチン酸およびミオイノシトールの効果」,微量栄養素研究,22,81-86(2005)

23. 岡崎由佳子, 片山徹之「フィチン酸の栄養的再評価-ミオイノシトールとの共通性を中心に-」,日本栄養・食糧学会誌 58,151-156(2005)

24. 岡崎由佳子「高等学校家庭科教科書の食領域における環境汚染物質の内容に関する研究-実験研究との関係も含めて-」広島大学大学院教育学研究科紀要第二部(文化教育開発専攻関連領域)53,393-400(2005)

25. 岡崎由佳子,片山徹之 「大豆ホエーおよびその分画物の抗酸化作用」,日本家政学会誌 55, 957-964 (2004)

26. Onomi S, Okazaki Y and Katayama T “Effect of dietary level of phytic acid on hepatic and serum lipid status in rats fed a high-sucrose diet”, Biosci. Biotech. Biochem. 68, 1379-1381 (2004)

27. Okazaki Y, Kayashima T and Katayama T “Effect of dietary phytic acid on hepatic activities of lipogenic and drug-metabolizing enzymes in rats fed 1,1,1- trichloro-2,2-bis(p-chlorophenyl) ethane(DDT)”, Nutrition Research 23, 1089-1096 (2003)

28. Okazaki Y and Katayama T “Effects of dietary carbohydrate and myo-inositol on metabolic changes in rats fed 1,1,1-trichloro-2,2-bis (p-chlorophenyl) ethane (DDT)”, Journal of Nutritional Biochemistry 14, 81-89 (2003)

その他

2009年6月 放送大学非常勤講師