学部・学科・課程
  • 文学部
  • 英語文化学科
  • 日本語・日本文学科
  • 文化総合学科
  • 人間生活学部
  • 人間生活学科
  • 食物栄養学科
  • 保育学科
  • 大学院
  • 人間生活学専攻
  • 食物栄養学専攻
  • 課程
  • 図書館情報学課程
  • 日本語教員養成課程
基準協会マーク

ミッション

学科の特徴 ミッション

食事も、学びも、しっかりバランスよく。

世界一の長寿国となったわが国において、健康で長生きし、生活の質を楽しむことが人々の共通の願いとなっています。中高年の人の健康管理はもとより、若い年代、特に子どもたちが将来にわたって健康で生活していくためには、「食と栄養」に対する正しい知識を身につけることが大切です。本学科では、家庭や社会における生活者の視点からとらえた「食と栄養」に関する教育・研究をめざしています。人間とその生活に対する深い理解のもとに、科学的根拠に基づいた質の高い専門知識を持ち、それを人の心に共感させながら、やさしく伝えることのできる人を目標として全人教育を行っています。さらに、社会を取り巻く環境や将来の学問の発展にも対応でき、自らの考えに基づいてリーダーシップをとれる管理栄養士の養成に力を注いでいます。

<!--$alt-->

食物栄養学科が求める学生像

  • 食物や栄養、健康に強い関心を持って勉強し、その成果を社会に還元しようとする意欲を持っている人
  • 自然科学の考え方に興味・関心を持っている人
  • 人とコミュニケーションをとることが好きな人

高等学校で学んできてほしいこと

上記の観点から、受験生に求めるのは以下のことです。
高校において理系科目(生物、化学、物理、数学)を学び、自然科学の考え方や基礎知識を習得していることを望みます。また、文系科目(国語、英語、社会)も履修し、読解力、論理的思考力および表現力を身につけておくことも大切です。食物や栄養、健康に強い関心を持ち、自主的であり、また、他分野の人とも協調して学習でき、卒業後に管理栄養士になることを目指している人を求めています。栄養士、管理栄養士の仕事には何より人とのコミュニケーションが大切であることから、日本語で表現する力もしっかりと身につけてきてほしいものです。

アドミッション・ポリシーに基づく入試方法
一般入学試験(A日程)

国語、英語、理科/数学が必修です。理科/数学科目では、生物、化学、数学からそれぞれ3題出題し、その場で2科目以上5題を選択し、自然科学をはじめとする幅広い基礎的学力を総合的に評価します。

大学入試センター試験利用入学試験(A日程・B日程)

A日程では国語、英語、理科/数学(400点満点)、B日程では英語と理科/数学(300点満点)によって、基礎的学力を総合的に評価します。

公募推薦入学試験

高等学校長の推薦書・調査書・面接・基礎学力試験によって、論理的思考力と勉学に対する意欲を総合的に評価します。