• HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 人間生活学科
  • 授業情報
  • 【人間生活学科 】船木ゼミ(地域環境系の研究室)の夏期休業期間中の活動・3日目~
  • 【人間生活学科 】船木ゼミ(地域環境系の研究室)の夏期休業期間中の活動・3日目~

    2011年の東日本大震災の発災 以降、人間生活学科 船木ゼミ(地域環境系の研究室)の船木ゼミ生たちは、前年の内容を引き継ぎながら宮城県南部地域を訪問しています。この期間中の船木ゼミ生たちの活動は、8月25日から28日の4日間。この活動の詳細は、10月7・8日の大学祭(藤花祭)の一コマで、「私たちの活動報告会」が行われる予定です。

    7年目8回目を迎えた2017年の活動は8月25日から開始。

    <!--$alt-->

    3日目(8月27日)の船木ゼミ生たちの活動は、
    山元町・亘理町・岩沼市を行ったり来たり。
    まず、朝8時から山元町の菅野さんが経営するいちご農場のハウスで作業支援のスタート。この日の作業(写真)は、「いちごの苗を植える」ための土(つち)入れ。とても重要な作業です。お昼の時間になるまでの作業を力を合わせて皆でやりきりました。

    その後、一緒にこの日の作業の”さわやかな”汗を共に流した皆さんと記念撮影(写真)。

    <!--$alt-->

    3日目の午後は、山元町役場隣の中央公民館で「語り部」の庄司さんと数年ぶりの再会(写真)。その後、岩沼市の菊池幸子さんと再会、その間 「岩沼みんなの家」に訪問。管理人(菅原さん)にご挨拶。そして、山元町に戻って、菅野さんのお宅でお子さんと花火を楽しんで、泊めていただきました。

    <!--$alt-->

    庄司さんは、宮城県を代表する「語り部さん」で著書も多数(船木研究室所蔵:既に6冊寄贈品)。この日は、ご自宅から20分かけてお越しいただいた。自宅ごと津波に流された庄司さんは、震災直後から「語り部」の活動を再会・継続されてきています。現在も「ほぼ毎日のように各地の小学校や高齢者等の集まりなどのお声がかかるが、後継してくれる若者が居ない」、ことを「しかたがないよね」と話していました。船木ゼミ生たちは、約2時間このような庄司さんから、「語り部」のプロの貴重なお話に耳を傾けていました。

    4日目(8月28日)の船木ゼミ生たちの活動は、最終日です。この日は、菅野さん(いちご農家)宅から亘理町へ。

    <!--$alt-->

     午前中は、9時から亘理町の復興公営住宅団地の集会所(写真)で「たんぽぽの会」の皆さんの例会に参加(写真)、昼食後は12時30分頃から「NPO法人いちごっこの拠点のテラスのペンキ塗り。終了後 仙台空港に向かって移動、7年目4日間の活動をやり遂げました。今回もたくさんの皆様とお会いして、その思いを感じつつ岐路に向かいました。

    前のページへ次のページへ