• HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 人間生活学科
  • 授業情報
  • 【人間生活学科】住居学ゼミによる「イグルー」づくり
  • 【人間生活学科】住居学ゼミによる「イグルー」づくり

    1月28日(土)、人間生活学科の田中ゼミ(住居学)を中心とした有志でイグルーづくりをしました。
    イグルーとは、カナダの先住民族イヌイットがアザラシ猟をするときに作る住まいです。
    建物の材料は「雪」です。日本にはかまくらづくりの文化がありますが、雪を集めて掘るのではなく、イグルーは雪のブロックをつくり積み上げていきます。

    当日は昼頃に集合して、まず花川キャンパス前庭の雪を踏み固めることから作業が始まりました。
    参加者同士一列になり雪を踏み固め、十分に踏み固まったらスノーソーという道具でブロックを切り出します。
    さらにスノーソーでブロックの横を切りながら円の形にして置いていきます。
    1段目、2段目と連携作業で積み、1人の学生が中で入ってブロックを切って整えます。
     

    <!--$alt-->
    <!--$alt-->
    <!--$alt-->
    <!--$alt-->

    ブロックづくりとブロックを運ぶ作業は重労働で、時々お茶やお菓子を食べてエネルギーを補給しながら作業を進めていきました。

    薄暗くなってきた頃に完成!! キャンドルを灯して終了しました。
    小雪が降る中の作業でしたが、いつもの大学にはみられない幻想的な風景に疲れも吹き飛び、充実感で満たされました。
     

    <!--$alt-->

    完成したイグルーは、花川キャンパスの前庭にありますのでぜひご覧ください。

    なお、今回の活動は「公園ねっとわーく」と、太田稔さまにご協力をいただきました。
    謹んで御礼申し上げます。
     

    <!--$alt-->
    前のページへ次のページへ