• HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 英語文化学科
  • 学生生活
  • 2016年度カナダ留学体験記
  • 2016年度カナダ留学体験記

    藤女子大学では様々な留学プログラムを準備し、学生の留学を支援しております。その中でも主に2年生後期に行くカナダ半期留学は人気のプログラムで、英語文化学科からも毎年多くの学生が語学向上を目指して留学にチャレンジしています。今回は昨年度カナダへ留学した現3年生(留学時は2年生)の梅本さんに体験記を書いて頂きました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    カナダ半期留学を経験して語学力が向上したのはもちろんのこと、たくさんの素敵な出会いが経験できました。今回は授業の様子と留学中の思い出について書かせて頂きます。

    <!--$alt-->

    【大学での授業】

    私が通っていたカルガリー大学ではGrammar, Reading&Writing, Speaking&Listeningの3つの授業があり、クラスは自分の英語レベルに合わせて決められたため、安心して受講することができました。留学当初は英語での授業に戸惑いつつも、担当の先生や友達が優しくフォローしてくれました。また授業では座学だけではなくプレゼンテーションを頻繁に行ったり、ハロウィンやクリスマスなどのイベントに合わせた授業が行われたりの日本で味わえないものばかりでした。

    【カナダの自然】

    また大学のアクティビティープログラムとして、カナダ内の観光名所を訪れることができました。特にバンフ(カナダのアルバータ州にあるリゾート地)ではカナダの自然を目の当たりにし、その雄大さに感動しました。
     

    <!--$alt-->
    <!--$alt-->
    <!--$alt-->

    【カナダでの出会い1――ホストファミリー】

    留学期間中は4人家族のお宅にホームステイをしていました。ホストファミリーは本当の娘のように暖かく接してくれました。Thanksgiving day(感謝祭)やクリスマスは親戚一同集まったり、皆でパーティーをしたりと、様々なカナダの文化に直に接することができました。帰国前日にはホストファミリーのみんなで泣いてくれてくれるぐらい愛に溢れた家族でした。
     

    <!--$alt-->

    【カナダでの出会い2――友達】

    またたくさんの友達も作ることができました。放課後や週末に友達と遊びに行ったり、試験前には一緒に勉強したりして苦楽をともにしました。英語でコミュニケーションをとることの難しさを感じたり、文化の違いに驚くこともありましたが、様々なことを共に経験しながら良い関係を築けたと思います。今でもたくさんの友達と連絡を取り合い、お互いの近況報告をしています。
     

    カナダでの留学生活は私を大きく成長させてくれました。今でも思い出すと泣いてしまいそうになるほど素敵な思い出ばかりです。カナダで経験したしたことは、これからの私の人生の中で生き続けると思います。そしてそういう体験ができたのも家族や友人、そして国際交流センターの方などたくさんの人に支えられたおかげです。本当にありがとうございました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    藤女子大学では充実した支援体制の下で様々な留学プログラムを準備しております。詳しくはこちらの2017年5月16日の入試課ブログ「学生広報スタッフ「F-lens」が紹介☆国際交流センター☆」「留学ハンドブック」をご覧ください。また梅本さんのように藤女子大学で留学してみたいという方は、是非7月29日(土)の夏のオープンキャンパスにご参加ください。スタッフが直接留学の疑問にお答えします。オープンキャンパスのお申し込みはこちらから

    前のページへ次のページへ